日本のテレビ報道番組は公平と言えるのか?






彼ら自称ジャーナリストがこのような行動を起こす事に対して、私は彼らに知性のかけらもないのか?恥ずかしくないのか?と問いたい。

「放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性がある」と答弁した高市氏の国会での発言は至極まっとうな法解釈ではないだろうか。

放送局は免許を取得して国民の共有財産である電波を利用している。もし放送局が過失を犯さぬよう監督するのは免許を交付する総務省であり、度重なる警告でも改善が見られない場合、電波停止を命じるのは大臣として当然の仕事だろう。

とりわけテレビは映像や音声を駆使し、人の記憶に働きかける作用は新聞や雑誌のような文字媒体のかなうところではない。番組製作者や出演者がある意図をもって電波を利用した場合国を動かすほどの大きな権力にもなりえるのだ。実際、民主党政権が誕生したあの前後の報道は新聞も含めておかしな報道ばかりであった。

徹底した自民党批判。徹底した民主党待望論。

その結果はご承知の通りだ。

テレビは紙媒体とは違い、自ら取得しようとする積極性や意志が薄くても、情報を強制的に送り付ける事が出来る。
居間のテレビをつけたまま、台所で夕飯の準備をしながらテレビから流れるニュースを聞き、なんとなく民主党に投票してみようかしら?そう思ったご婦人もいるのではなかろうか。

メディアは人間が作るものであるから、完璧な公平性や中立性を求める事は出来ない。
ただ、だからと言って一方的な主張を流し続けていい事にはならない。

安保法制の報道の時も、反対意見に偏った報道が目立った。
岸井成格氏がアンカーを務めるNEWS23は、反対が93%で賛成が7%の割合の放送時間だったという日本平和学研究所の調査結果がある。岸井氏は自分の思想信条・主義主張を広める意図をもって、公共の電波を『悪用した』と言われても仕方がない事をしておきながら、「放送法遵守を求める視聴者の会」の公開質問状を無視してだんまりを決め込んでいる。

電波を私物化しているという意識があるから、何も答えられないのではないだろうか。

電波という大きな利権を失いたくないから、高市氏の国会での発言に無知蒙昧な言動をするのではないだろうか。

彼らこそ、日本のジャーナリズムを腐らせる宿痾そのものだ。


政治 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック