ようやく与那国島へ自衛隊配備

与那国島への部隊配備に向け施設着工式 防衛相「南西地域での自衛隊配置の空白埋める」

2014.4.19 21:37 MSN産経ニュース

防衛省は19日、日本最西端で中国に近い与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備に向け施設建設の着工式を開いた。出席した小野寺五典防衛相はあいさつで「南西地域での自衛隊配置の空白を埋めるもので、役割や意味は大きい」と強調した。中国を監視し、沖縄県・尖閣諸島の防衛態勢を強化する狙いだ。

 尖閣諸島の南約150キロの与那国島周辺では、中国海軍の艦艇が航行しているのが頻繁に確認されている。部隊配備が、尖閣諸島の領有権を主張する中国を刺激する可能性もある。

 式典に先立ち、会場周辺に集まった配備反対派の住民らと防衛省関係者らが一時もみ合いになり、小野寺氏の会場入りが遅れた。小野寺氏は記者団に「島内にも不安の声があると思うので、少しでも払拭できるようにしっかり説明しながら進める」と述べた。


反対派の住民ってなんなの?バカなの?死にたいの?

周辺海域における支那の不穏な動きがますますエスカレートしており、脅威が日々ましている。
もし、人民解放軍が上陸したらどうするの?
警察2名でどうやって1500人の島民の生命を守るの?
有事の際、島民が殺されたら誰が責任とるの?
国?
しかし、国は防衛態勢を強化して万が一の事態に備えようって言っているよね?
家族や友人、恋人が殺されたら悲しいよね。理不尽に自分の命を奪われたくないよね。
日本人が日本人の手で日本の国土と日本人の生命と財産を守る。
これのどこに問題があるの?

本土に住む我々が思っている以上に、与那国島の人は危機感を抱いていると思う。
反対している人は本当に島民なの?

これを第一歩にして、この地域の防衛力をさらに強化していってもらいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック