反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕

反ヘイトスピーチ団体元代表が逮捕された。

反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い

 大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。

 警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。

 逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月~12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い。

2014/04/15 16:51 【共同通信】



林啓一という名前は通名で、本名は凛七星という在日コリアンだ。
これでは彼らが何と闘っているのかわからない。ヘイトスピーチ反対運動という綺麗な言葉をかかげているが、実は在日の特権を守るのが本当の目的だったのではないか?と疑われても仕方がないだろう。

デモは非日常な空間であり気持ちが高揚してしまい、つい差別的な発言をしてしまう者も中にはいるだろう。しかし、在特会の目的はこうした不正を働く在日をあばきだして厳しく追及する事にある。日本の国益を守る為に、こうした在日には出て行って頂きたい、そういう純粋な気持ちでデモに参加されている方の方が多いだろう。それを差別だといってレッテルを貼り付け、自分たちを被害者とした裏でこうした不正を働く。許される事ではない。

ここでもう一度よく考えて頂きたいのは、なぜ、在日朝鮮人排斥を目的にしたデモが頻繁に起こるのかだ。
彼らは長い間日本に住み暮らしながら、それを許してきた日本を愛そうともせず日本の伝統や文化、社会に馴染もうと努力もしない。中には今回逮捕された凛七星のような在日の利益を優先し日本人から財産を吸い上げる不届き者まで存在する始末である。

これにさすがの日本人も堪忍袋の緒が切れた。

これはもはやインターネットの世界だけの話ではい。書店には嫌韓コーナーが存在し、そうした書籍の売れ行きは好調だそうである。日本が嫌韓に傾いたのもいくら謝罪しようが賠償しようが未来永劫それが続くことに、普段ネットに触れない層まで気がついたからだ。

マスコミにとってこの事件は『特定秘密保護』の対象であるらしく、報道を控えたり報道をしたとしても本名を隠している。在日の犯罪がよほど都合が悪いのだろう。これがもし在特会関係者か近しい者の犯罪なら大々的に報道されるのだろう。マスコミのこうした姿勢こそ差別ではないだろうか。

ヘイトスピーチという言葉の隠れ蓑に騙されて本質を見誤ってはならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック