一二月十六日。この日が日本の夜明けになる事を切に願う。

総選挙は自民党が圧勝するだろうとの見方が大勢を占めている。
この予想が的中してもらいたいと願う。自民党のみで単独過半数を獲得し、公明党に振り回される事がなくなれば、安部新総理の元、安定した政権運営が可能になる。
今、我々国民に求められている事は甘い幻想を打ち破り現実を直視する勇気だ。安部氏以下自民党の面々では正直不安な面もあるが、それでも他よりはだいぶまともであり、国民が覚醒する一段階目としては妥当な政権になるだろうと思う。

前回の総選挙で多くの国民は民主党が見せる甘い夢に騙された。民主党政権の日々は悪夢のような日々であった。ようやくその悪夢からの目覚めの日が近づいている。一度、酷い夢にうなされた国民の選択は、前回と比べ物にらないくらいシビアな目線で政党を選び投票するだろう。

いわゆる第三極と呼ばれる勢力が不振なのも当然だ。未来の党のような政党は、民主党では選挙に勝てないからと、民主党を見限った民主党の元議員の駆け込み寺としか国民の目には映っていないからだ。国民に迎合するような甘い言葉をいくら吐いても、選挙の時だけの嘘であるとしか国民の耳には届かない。国民の生活をこれだけ無茶苦茶にした元民主党の議員が恥じる事なく看板だけ架け替えてまた議員バッジを下さいといったところで、支持率がさっぱり上がらないのは当然で国民の怒りを買うだけだ。

維新の会も石原元東京都知事が率いる太陽の党と合流したことで、民主党と同じ、思想・理念が違う物同士の寄り合い所帯であるという印象が濃くなった。
もっとも橋下という人物は観測気球は景気よくあげるが、風向きを見て態度を変えるところがある。さすがは弁護士で口がうまく人を丸め込む事に長けているが、何のことはない。中身が無い。中身が無いから強い追い風の時はぐいぐい上昇するが、その風がはたとやんでしまえば落ちるのも早い。石原はならば自分が錘になろうと手を組んでみたものの、橋下の正体を見破っていた保守層の顰蹙を買って見限られてしまい、石原人気も橋下に引きずられるように落ちていく一方だ。ふわふわとどこに飛んでいくか分からない連中に支持が集まらないのは当然だ。

だからといって、自民党がすべて良いとは思わない。
ただ、現状では自民党がもっともベストな選択であるという事だ。
自民党候補もピンキリで、こいつは考え物だという人物もいる。だが、民主主義において数に勝るものはない。肝心な事は、選挙を通した後、日本の国益の為に働かない議員にはそれなりの報を与える事だ。今までのように国民が政治に無関心で政治家は何をやっても許される、そのような空気を一層し、政治家に常に緊張感を持たせて国益の為に従事させるよう国民がしっかりとした目を持つ事が求められる。

一二月十六日。この日が日本の夜明けになる事を切に願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック