国・政治よりも遊びが大事だという女に選挙権を与えるべきではない。

北原みのり氏「竹島のために韓流という女の遊び奪わないで」
2012.08.24 07:00

 韓国の俳優・ソン・イルグク(40才)は8月15日、韓国から竹島に泳いで渡るパフォーマンスをした。その後、BS日本テレビとBSジャパンは、ソン・イルグクが主演する韓流ドラマ『神と呼ばれた男』『強力班~ソウル江南警察署~』の放送をそれぞれ延期すると発表。局側は「編成上の都合です」(BS日テレ広報)というのみだが、遠泳パフォーマンスの影響があることは明らかだろう。

 このように、韓国の李明博大統領の竹島上陸以降、さまざまな影響が出ている。三井住友カードは、韓国を訪れる日本人向けのプリペイドカードの発表記者会見を、チャン・グンソク(25才)も出席して22日に行うとしていたが、それも延期になった。三井住友カードの広報担当者によれば、「会見を延期したのは、提携先各社の個別の事情を考慮したためです。(プリベイトカードを)予定通り9月上旬に発行するか、延期にするかは未定です」(三井住友カード)という。

 韓国が好きで、韓国旅行にもたびたび出かけているというエッセイストの北原みのりさんは、こうした反応に眉をひそめる。

「私の周囲の韓流にハマっている女性たちは、竹島の問題を見事に切り離して考えています。男の人は“国”とかいうけど、女の人にはピンとこない。『韓国のキムチっておいしいよね』というのと一緒で、韓流に政治ははいってこないんです。

 今回の騒動は、自分たちより劣っていると思っていた国が、女性たちの心をつかみ、経済的にも同等になっていることへの嫉妬もはいっているのでは? 韓国でも日本でも、政治がらみでやりあっているのは男の人ばかり。男同士の争いのために、韓流という女の遊びを奪わないでって思います」

 しかし評論家の金美齢さんは逆に、韓流に浮かれる女性たちにこういってクギをさす。

「今回の一連のことで、韓流スターといわれる人たちが日本をどう捉えていたのかが、はっきりしたんじゃないでしょうか。結局、日本の女性たちのお財布が目的でしかないということでしょう? 文化交流や親善の美名のもとに、日本の女性ファンはコケにされてきたんです。韓国のイケメンたちのホストクラブもあるようですが、それもこれも韓国に利用されているだけ。韓流ファンの女性たちは、もっと現実を見たほうがいいわね」

※女性セブン2012年9月6日号


北原なんとかという女は前々から馬鹿だと思っていたが、この記事を読んでやっぱり馬鹿だと再確認したところだ。
国や政治よりも遊びを優先する! それが”女”の意見だとするならば”女”に選挙権を与える必要はない。こうした馬鹿な女どもが国の行く末を危うくするのだ。”男”は、特に本来あるべき日本人の”男”は自身の面子以上に家の将来を考える。家、地域が千代に八千代に続いていくために国のことを考える。これが生粋の”日本男子”だ。それを理解出来ず、日本男子が家族や国家の将来を護る為にはどうすればよいかを夜も眠れず考え悩み、、国家と民族の威信を護る為には戦わなければならないという日本男子の悲壮な覚悟を、嫉妬からくる男同士の争いなどという、陳腐な表現でまとめてしまうこの女はやはり頭がおかしい。しかし、こんな馬鹿な女の意見が女性の総意だと思われる事は、きっと多くの日本人女性が大変遺憾に思うのではないだろうか。

金美齢さんの意見こそ日本人女性が持つ意見の大勢を占めていると信じたい。
いわゆる韓流スターの目的は日本で稼ごうとする商売目的で、決して親日ではない。子供の頃から徹底した反日教育を受けている彼らからすれば、日本人が朝鮮人に”貢ぐ”のは当たり前、くらいの感覚なのかもしれない。
韓流を支持するのは個人の自由だが、あなたがたが支持する朝鮮人スターは一体どういう人物なのか、冷静に見たとききっと目が覚めるはずだ。
朝鮮人スターに騙されて南朝鮮を旅行する若い女性が増えているそうだ。だが、、南朝鮮は性犯罪の発生率が非常に高い。軽い気持ちで旅行が出来るような地域ではない事を知っていただきたい。また、日本と南朝鮮を取り巻く緊張が高まる中、南朝鮮へ旅行したばかりにどんな犯罪に巻き込まれるか分かった物ではない。出来るならば自粛する事を求めたい。
このことは日本政府がきちんと周知徹底しなければならない。
敵国にて日本人女性が災厄に見舞われる事は、日本男子として耐え難い事であるからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック