京旅行、都七福神巡り編-第一夜-

みなさま御機嫌よう。
櫻華改方です。

みなさまを夜な夜な悪夢に叩き込んだあの企画が帰ってまいりました。
そう。大不評にもめけずに今回はまた旅のお話です。しばらく続きますが、よろしかったらお付き合い下さい。

旅の計画を立てたのが昨年の12月。それを実行しこの稿を書き始めたのが実は今年の1月。立案から脱稿まで約4ヶ月にも及んだ壮大な物語。書くのが襲いだけだろ、という突っ込みはさておき、どうかたっぷりお楽しみください。

まず最初に、ウチがどこを旅したのか。
いきなりですが、それをますは発表しましょう。

はい。京都です!
え?本当かって? どうせ何かと何かをひっかけて京都です! って言うんだろ?
ま、まあそう疑うのは無理からざる事でしょう。茨城県は守谷市に住んでいて時間がない人間が遠く離れた京都まで本当に行くはずは無い。そうお思いでしょう。
ですが・・・本当の事なのです。
では、証拠をお見せしましょう。こちらです!

画像


朝、6時30分の京都駅です。
まだお疑いですか?それでは振り返って見えるそこにそびえるは京都タワーです。

画像


それではなぜ京都を旅したのか。何をしに京都に向かったのか。順を追ってお話しましょう。

2011年。年末。
来年は、ウチのサイトが開設10年を迎える。この節目に何か特別感溢れる何かををやりたい。
首相をはじめボンクラな国会議員どもに喝を入れるべく、国会に強行突入してみても話題にはなるけれど、許可なく立ち入れば犯罪です。犯罪はいけない。あくまでも合法的な事で何かをしようと考えた時、普段行けない、もしくは行かない場所に行ってみる、この発想は特別感が出ていいのではないでしょうか。
ではどこへ行くかですが、どこがいいだろうか。そうだ!ここへ行こう、あそこへ行こうとすぐひらめいてくれれば悩まないですむのですが・・・、ん?・・・そうだ・・・・そうだ!京都へ行こう!



そうだ!、からの連想で京都へ行くことにしました。嘘のような本当の話。

しかし、だ。
京都へ行くには、様々な問題を乗り越えなければなりません。
まず一つは旅費。御存知の通り、ウチは貧乏です。これまでの人生でお金に余裕があったことなどありません。給与の大半は飲み代に消えるので・・・それはそうと、低予算でなんとかしなければなりません。
もう一つは時間。今の仕事は有給がない! 連休は取れても二日です。金は都合をつけようと思えばなんとかなるかもしれない。2,3度居酒屋通いを我慢すればいいだけです。、しかし、時間はどうにもならない。
関東から京都へ旅行する場合、ウチが理想とする行程はこうです。

三連休。初日の朝は新幹線で京都へ移動。ゆっくり観光をし夜は宿で一泊。二日目。夕方あたりまで観光を楽しみ、新幹線で帰ってくる。三日目。旅の疲れをとるため、自宅でゆっくりと過ごす。

しかし現実はニ連休がやっとで、今の仕事を続けている限り三連休など夢のまた夢です。

夢・・・、夢と決め付けてかかればそこで思考は停止してしまいます。
何か方法はないだろうか。何か方法が必ずやあるはずです。

そうだ!最初から二日と決めてかかっていたからそこから先へ思考を進める事が出来なかったのだ。
つまりはこうです。

土曜日を移動日に設定する。仕事終了後、速やかに移動を開始する。
日曜日を観光日に設定する。朝から観光。夜には帰宅出来る様に時間を調整する。
月曜日を休養日に設定する。一日ゆっくりと過ごし、明日からの仕事に備える。

こうすれば、二日しか休みが取れなくてもなんとかなってしまう、まさに魔法のような手段です。
月曜日が祝日の日をさっそく暦を見て確認した所、1月9日の成人の日が一番近い。そこで、1月7日に京都へ移動し8日に観光、9日は休息とする日程を組むことにしました。

この場合、新幹線で京都まで行き、ビジネスホテルに一泊するのが一般的です。
しかし、予算は極力削らなければなりません。捻出出来て片道の新幹線代くらいです。この状況で、ビジネスホテルに一泊など出来るわけが無い。

出来るならば、移動中に眠って、起きればそこは朝の京都が理想なのですが、この理想を叶えてくれる手段は何かあるでしょうか・・・ありました。深夜バスです。
深夜バスであれば、旅費を節約する事も可能。行きは深夜バス。帰りは新幹線。
これが、ウチにとって一番良い選択肢となりました。

早速、インターネットで深夜バスを探して見ると、平成エンタープライズが運営するVIPライナーが年末までのキャンペーンで新幹線の回数券とセットの切符を販売していることを突き止めました。これを利用すれば新幹線の料金が13320円のところ11700円で手配できます。1620円お得になります。VIPライナーのインターネットの評判もなかなかに良いようで、バスはこれにするとして、後はバスの料金ですが、ただ寝るだけし車中で眠る事は普段から慣れているので、三等車でも充分なのですが、体質的にトイレが近いので、トイレつきの車両にするとして後は空席状況ですが、運良く数席残っており早速手配を完了させました。
東京―京都の往復16200円。新幹線の往復が26640円と算出した場合、10440円もお得。ホテル代も含めれば、16000円~20000円くらいの経費削減となりました。人間、知恵を絞れば少ない予算でもなんとかなるものですね。この国の政治家もちょっとは頭をつかってはどうだろうかと思う。

日程が組み終わり、交通手段の手配も完了した。後は、京都で何をするかです。
ただ観光するだけでなく、何かこう課題を設けてそれを達成するような旅がしたい。何か妙案は浮かばないものか。思案の一助にでもなればとインターネットを検索してみたところ、これだ!という情報をみつけました。

都七福神巡り、これです。
全国各地に七福神巡りはいくつもあります、その発祥が室町時代から続く都七福神巡りであるそうな。
何と言っても、このところロクなことがない。こう行き詰ると神頼みするしかないが、由緒正しき七福神巡り。御利益がありそうですね。
などという本音はさておき、ホームページ開設10周年でもあるし、お世話になっている皆様に少しでも恩返しする意味でも、七福神を巡り皆々様のご多幸をお祈りするにも丁度よい。
皆々様のご健勝とご多幸をお祈りするために京都へ上洛する。これ以上の大義名分はありません。

日程は決まりました。観光先も決まりました。後はその日を指折り待つのみです。

年が改まって1月6日。さあ。いよいよ移動開始です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック