震災から一年。

本日で東日本大震災の発生から一年が経つ。
一年、しかし、復興への道のりは遠い。まだ何も始まっていない、何も進んでいないというのが一般国民の感覚であろう。

「新しい日本つくる」 首相、再生に強い決意 震災1年で米紙に寄稿


2012/3/10 11:00

【ワシントン=中山真】野田佳彦首相は9日、昨年3月11日の東日本大震災から1年を迎えるにあたって米紙ワシントン・ポスト(電子版)に寄稿した。震災後の各国からの支援への謝意を表明するとともに「我々の目標は震災前に存在した日本を再建することではなく、新しい日本を建設することだ」と強調。日本再生への強い決意を表明した。

 首相は震災後1年で日本の復興がめざましい進展を遂げたと指摘したうえで「この困難だった1年間は日本の完全な復活のスタートにしなければいけない」と強調。日本がすでに高いエネルギー効率を実現していることも説明し「持続的な成長のモデルを構築するためにこの知識を世界と共有しなければいけない」と訴えた。

 日本の今後の復興に向けた決意では、これまでも第2次世界大戦の敗戦から驚異的な経済成長を遂げたことや、1970年代の石油危機後に高いエネルギー効率を実現したことなどを説明。「今回も大震災で直面した歴史的な挑戦を乗りこえると固く決意している」と力説した。


福島原発事故も収束する様子はまったくなく、なお予断を許さない状況であるが、政治の世界においては原発事故は確実に収束に向かっており、被災地の復興は猛烈な勢いで進んでいるようだ。

ウチは、茨城の北部や福島のいわき市の被災状況を見ただけに過ぎないが、それでもまったく復興は進んでいないという事を肌で感じた。政治は現場をまるで分かっていない。復興へ向けて陣頭指揮をとるべき政治家が無理解で無能であるため、国民と敵対関係に陥っている現在の状況が生まれ、このため復興が遅々として進まない。

困難な状況が続きます。しかし、一年前、天皇陛下のお言葉に励まされ前を向く事が出来ました。
諦めずに復興へ向けて一歩一歩、自分に出来る事を一つ一つ実践していこうと思います。

後もう少しで震災発生時刻です。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りし、黙祷を捧げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック