長官道中記。福島の旅・最終夜。会津若松からの帰りに宇都宮で餃子を食す。

御機嫌よう。

さて皆様。お待たせ致しました。旅日記の続きでございます。
え? いつまで続けるのかって? ご安心下さい。今回が最終回です。

最終回の今夜の舞台は福島・会津若松から一気に栃木・宇都宮へと移ります。

帰りのルートは国道4号線・日光街道をひたすら南下するので、その途中で宇都宮に寄ろうという計画です。
宇都宮といえば・・・そう餃子です。

ウチが住んでいるアパートのすぐ近くに最近、居酒屋さんがオープンしたのですが、ここの看板メニューが餃子。中華料理店ではなくあくまで居酒屋でありながら餃子が一押しのお店です。しかし、さすがに看板に据えるだけはあって、こいつがなかなかに美味い。
スタンダードな餃子は勿論だが、茨城人としてはやっぱり納豆餃子を一押ししたい。
餃子は薄皮で、噛むとぷつりと皮がやぶけ、まず納豆の香りが鼻を襲います。納豆好きにはたまらないのですが、納豆が苦手な人にはちょっと厳しいかもしれません。それくらいしっかりと納豆の香りを堪能していると、不意に口の中に納豆の味が広がります。「ただ納豆を包んだ餃子なら・・・」と油断していると、ジューシーな餃子本来の餡の味が口の中にじゅわっと広がります。味の二段口激につい「うん、うめぇ・・・」と、きっと貴方も呟くでしょう。

また、ここの餃子は薄皮でありながら、餡がボタボタと落ちる事がない。下手なラーメン屋の餃子はボロボロと落ちてしまって、食べにくい事もあるのですが、味といいこうした技術といい、確かに看板に据えるだけの事はあります。

それで、この頃は餃子をあっちこっちで食べ歩いていたのですが、餃子と言えばやっぱり宇都宮だろうという事で、会津若松の帰り、疲れてはいたのですが、それでも寄る事にしたのです。

まさか、あんな結果が待っているとは知らずに。

それでは時計の針は2011年、9月18日でございます。

午後6時47分 宇都宮駅前到着。

宇都宮駅構内の観光案内所で、餃子店のMAPを入手。

駅の近くでどこか美味しそうな店を探そうとおもったのですが、疲れとあまり良く知らない街をうろついてまた迷い人になもなりたくない。それで、駅に来る途中で見かけた場所へと向かう事にしたのです。

それにしても、宇都宮に来るのは実に約20年ぶりくらい。以前、ここに友人が住んでいてそれで何度か来た事はあったのですが、その友人が宇都宮から離れてからはすっかりこの街に足を向ける事はなくなっていました。

あの頃はまだ餃子のイメージはなかったと思う。

さて、そんな事を考えながら駅東口のイベント広場前へ到着。

画像


宇都宮餃子館の列になんとなく並んでしまう。
特に心にひっかかるものはなかったのですが、とにかく餃子を食べて見ようとしか考えていませんでした。やっぱり疲れていたんでしょうね。

午後7時40分 宇都宮餃子館。

画像


結構並びました。ようやく通された席は窓際のカウンター席。テーブル席に背中を見せるような造りで、楽しい笑い声を後ろに聞いていると、お一人様だから隔離席へ案内されたのかなと、そんな気持ちにもなった。

隔離席。なかなか注文を取りに来ません。水も持ってきてくれません。声を出したり、手を振ったりとアピールはするもののまったく相手にされず。それでも粘り強く店員を呼んでようやく発注完了。

画像


健太餃子・ライス・スープセット。
スープは熱いので気をつけてくださいといいながら、ドンと目の前に置かれて、スープがお盆に零れました。写真を撮るのに見栄えがよくないので、ティッシュで拭き取りました。気をつけてという忠告を無視して熱い思いをしてしまいました。

色々あったけど、きっと味はいいはず。なんたって餃子の都、宇都宮ですからね。
いただきます・・・。

・・・・・。
あのね。茨城の人だからそう言うのだろうとは思わないでもらいたい。ウチは美味い物には美味いと言うし、そうじゃないものにははっきりと不味いと言う。
ここの餃子は、うん、餃子だね、良くも悪くも餃子らしい餃子だね。
それしか感想はありません。美味くもなく不味くも無く。まあ無難な普通の餃子。宇都宮の餃子との観念を持たず、その辺りにあるラーメン屋さんで食べていると思えば、文句もない。ただ、宇都宮に来てまでこれを食べる価値は無い。

とはいえ、ここの餃子は美味いという人もいるでしょう。源来軒のラーメンは美味くないという人もいるでしょう。
どうぞ、一度足を運んで頂いて、自分の舌で確かめて頂きたい。感じ方は人それぞれですからね。

今回はたまたま外れだったのだろう。きっと宇都宮の餃子はこんなものじゃないと、ウチは信じている。
今度こそは本物の宇都宮餃子を食べに来るさ。

午後8時10分 宇都宮 発。

アパートまで100km。まだまだ旅は続く。

午後10時10分 帰宅!
総走行距離 556kmの旅が終わる。


みなさま、長々とお付き合い頂きましてありがとうございました。
なんとか、この旅日記、書ききる事ができました。皆様におかれましてはさぞ退屈だったことでしょう。次回からは、また時事問題に切り込んで行こうと思っておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

それにしても、旅はいいですね。
普段、ウチはクールなキャラ(多分・・・)を演じていますが、会津若松駅でのはしゃぎっぷりを友人・知人が見たらさぞかし驚かれるでしょう。童心に戻って楽しむ事で、気持ちがすっかり楽になって帰ってきました。

やっぱりウチは旅人。じっとばかりしていると心身ともに参ってしまうようです。それで、ドライバーという仕事をしているのですが、人手不足で事務所勤務に配置転換になってしまい、そうした事もあって、鬱々とした毎日を送っていましたが、そうした重たい気分もどこかに吹き飛んでしまったようで、今はすっかり元気です。

また、旅に出たいですね。

ところで、ウチの車、ナビはついていません。
ナビシートでナビをしてくれる人もいません。ナビシートが”サビシート”言っております・・・。

お後がよろしいようで。
おやすみなさい(=゚ω゚)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック