酔った勢いで本音を申し上げさせていただけるならば。

4月3日 午前7:32起床。ゴーカイジャーを視聴。続けて仮面ライダーオーズを視聴。素晴らしい!!さらに続けてスィートプリキュアを視聴。友情って・・・素晴らしい!!
その後は、病院に行ったりなんだかんだと忙しく外で動き回って15:17分に帰宅。
疲れました・・・。

この疲れを癒すのは・・・とにかく飲む

時刻、15:18分。
スーパーや酒屋さんにも少なくなって来たキリンの一番絞りビールの350ml缶を一気に立て続けに3本空ける。
乾いた喉や胃腸に染み渡るぜ。

しかし、何かが足りない。そう。酔いが足りないのだ。
15:32分。お昼ご飯として焼きソバを用意。麺の上に落とした生卵がうまそうです。
出先で買ってきた日本酒、季の舞を早速あける。

15:47分。
季の舞、美味い! 美味すぎる! さすが故郷水戸の酒。4合瓶があっという間に無くなる。

15:52分。
非常用で買い置きをしてある酒を開ける。季の舞ほど美味くはないが、うちが選んだ酒だ。そんじょそこらの酒とは違い、この酒も充分美味いのだ。

16:12分。
気がつけば・・・これビールも合わせると一升以上飲んでいるな。

16時37分。
なんとなくブログを書き始める。

あらかじめ断っておこう。

若い頃ならまだしも。
短時間でこれだけの量をこの歳でこれでけ飲めば多少なりとも酔って当然だ!
正直に話せば、このブログは常に”ほろ酔い”状態で書かれている。
が、今回は”結構酔っている”状態で書かれている。
内容に保険をかけるようで卑怯とのそしりをうけるかもしれない。
だが、酔っているからその勢いで書けることもある。多少の乱文でも平気でやり過ごすことが出来る。
今回は、酔っ払った中年のバカの小さな叫びと受けてくれれば幸いである。

同日16時42分。

おい。自分よ。最近、何かを恐れていないか?
こんな時。現状。状況。これを書いたら不謹慎かな、アレを書いたら不謹慎かな。じゃあ書かないで様子を見よう。
そんな事を考えているお前はだいたい何様だ? たかが百人見るか見ないかのこんなちっぽけなブログで、そんなこと気にしてどうする? 正直になれ。原発の一報を聞いてから、この歌が頭から離れないではないか。



過日、4月2日はキヨシローの60回目の誕生日です。おめでとー(=゚ω゚)ノ

不謹慎、不謹慎、不謹慎、自粛、自粛、自粛が、復活の呪文のように唱えられる日本社会です。
このキヨシローの歌もどこか不謹慎な感じだし、今更こんなことを言っても(もっとも昔からキヨシローが言っていたことなんですけどね)後の祭りだろうと言われそうで自粛していました。

自粛していたのか!? うちは。こんなちっぽけなブログのくせに!?
恐るべき! 同調圧力!!
危うくうちも圧力に屈しそうでした。
正直嫌になります。
不謹慎、自粛でそれで、日本はよくなるのかと、それを是とする人たちに問いたい。小一時間説教したいです。

自粛などしてたまるか!!

震災後、このまま自粛ムードが続けば日本の経済は駄目になる。不謹慎と言われようが贅沢と言われようが消費をして金を回さなければ日本の景気はますます駄目になる。そうなれば、被災地。被災者の復興支援に多大な影響が出る。

ならば・・・。

消費をしなければならない!!

うち、一人ががんばって消費をしても日本経済をどうこう出来ないのはわかっている。

だが・・・。みんな、消費をしようぜ!! などと偉そうな事を言ってしまった手前・・・

うちが実践しなくてどうする!!

震災のお見舞いの名目で、知人の所へお酒やお饅頭、お煎餅を携えてお見舞いに出向く。ついでに食事をしたりお酒を買ったりして、売り上げが下がりつつある知人の商売を出来る範囲で支援。

買い物プラス募金。募金と同時に出来る事はとにかく金を使って経済に金を循環させるお手伝いを多少なりともする事。うちの少ない消費で日本経済がどうにかなるとは思わない。だが・・・

消費!消費!!金の循環!日本の経済が良くなるように!うちが出来る範囲でやるだけはやってやる!!

結果・・・。

給料日から一週間足らずで・・・。

赤字確定です!!

貯金を切りくずして居る毎日ですが、なぁに、被災者の方から比べればまだまだ恵まれています。
こうやって酒を飲めて、食べる物にも着るものにも困らないのですから。こうして酔っ払えているだけでもありがたいことです。

ところで、みなさま、節電はしていますか?

2010年8月17日。東電から電気代の請求が来る。一人暮らしのくせに・・・。
6356円。この酷暑。致し方ないのですが、これだけ高い電気代で冬が越せるかどうかが問題となる。

冬はどうしてもガス代が高くなる。
うちでは、食器を洗うのにお湯を禁じ、冷たい水でも我慢をし、お湯を使うのはお風呂を入れるときだけに限定しています。このうちが制定したうちなりの条例をうち自らが遵守して何年も起ちますが、なかなかガス代の削減には至らず。

2010年。8月17日。先にも書いた東電からの請求書。電気代、6356円。
同年、9月12日。21時54分。
一人対策会議室を立ち上げる。
冬になればガス代の急騰は必死。
これまで、台所のお湯の使用を禁止し、夏は風呂桶に一杯に溜めていたお湯を半分以下にまで取水制限をしても、なかなかガス代は下がらない。
残る手段は、電気代の節約しかない。

考えてみると、これだけ安定した電気を利用できるのは日本くらいのもの。
しかし、その日本も、いつどうなるか分からない、今のうちから節電に対応した生活を組み立て行かなければならない。節電プラス節約。電気代が少しでも下がるなら家計が助かるので、同年11月からエアコンの利用制限を開始。

この冬、エアコンを稼動させたのは、40度近い熱が出たときの2日のみ。
この二日以外は、例え雪が降って寒かろうと必死に耐えてエアコンを稼動させませんでした。

「今からスキー場に行かれるんですか?」

そう言われてもおかしくないくらの重装備。部屋にいながら、寒さに耐えるのに何枚も重ね着をし、外用で購入したはずの服まで着てなんとか寒さを耐えしのぐ。その副作用として、外用の服がジャージしかなくなりましたが。

動物的な勘か。ただケチなだけか。おかげで、この冬は節電に成功。大震災もあり二重に貢献できたのではないかなと思います。

平成22年1月の電気代の請求が6464円に対して、今年の同月では、3065円。使用電気量も303kwhから138kmwに大幅減。考えて見れば、うちが子供の頃はエアコンで暖をとるなんて発想はあまりありませんでしたから、人間、知恵をしぼればなんとか乗り切れるものなんです。夏はどうしても厳しい戦いが強いられますが、それでも持続して節電大作戦を継続していきます。

あれ・・・。気がつけば18時を過ぎていますね。



酔った勢いで正直に申し上げれば、こんなバカな話なんてしていられないくらいにうちも辛いです。体ではなくて心が切り刻まれるくらいに痛いです。故郷の状況を見たり聞いたりする度に辛くて辛くて仕方がありません。一人ぽっちの夜に泣いた事もありました。ああ、いかん。酔いがいよいよまわってきましたね>▽<;;

辛いから下を向くのは簡単です。不謹慎と理由をつけて自粛をするのは簡単です。
しかし、そんな状況だからこそ上を向いて歩く必要があるのではないでしょうか。

大震災当日、すぐ用意できる食べ物がベビースターラーメンで、それをベランダで夜空を眺めながらボリボリとビールをのみながらかじり、停電した街の夜空ってこんなに明るいんだ、星もこんなにくっきり見えるなんてなぁ、と思ったものです。どんなに辛くてもキツイ状況でも、上を向いて歩いていればいずれこの涙も乾く時がくるはずだと思った、初春の夜の話です。

さて、来週は花見に行こうと思います。たとえ一人でも、手弁当でも。
都知事は自粛せよと言いますが、こんな時だからこそ、花見をしなければと思う、一人ぽっちの夜です。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック