菅総理の支持率を見ていると、民主党に騙されている事にまだ気がつかないのかと呆れてしまう。

鳩山政権で人気を落とした民主党政権だが、菅政権になり支持率がV字回復という不可解な現象が起こっている。民主党は回復した支持率を頼み国会を延長する事なく閉会し、これにより政界は参議院選挙に向かって動き出している。

参議院選挙には、政権の中間評価の側面を持つ。衆議院選挙のような政権を選択する選挙ではないので注意したい。
今回の参議院選挙に於いては、鳩山政権の是非が問われる選挙になるはずだった。ところが、鳩山が政権を投げ出し新しく菅総理が誕生した。この場合、菅政権が今後、どのような政策を推し進めていくのか、この点も選挙でどこに投票するかを考えるのに必要な事になる。ところが、所信表明演説と代表質問を行っただけで予算委員会を開かずに国会を閉じてしまった。予算委員会で質疑を行い、菅総理及び関係閣僚の思いや考えを聞き、それが投票の判断基準になるはずなのに、それを行わなかったという事は、菅政権に対して評価する材料が無いという事になる。結果、鳩山政権時代の民主党に対しての評価にならざるを得ないと思うのだが、そう考えると菅総理になって支持率がV字回復というのが理解出来ない。おそらく、菅総理になった事で民主党も変わるし、そうなれば昨年の総選挙で民主党に期待した多くの国民の思いが叶うのではないだろうか、といった根拠のない考えでただなんとなく支持してしまっている、というのが現状ではないだろうか。なんとなく民主党を支持した結果、法案を通す事も出来ずに国政が停滞してしまっている事に、多くの国民は気がつかないのかと思う。いい加減、自分の頭で考えて行動しなければ、この国の政治はどんどん劣化していくばかりで、いつまでたっても良くはならない。

さて、日本の政治の行き詰まりは、二大政党制を目指してきたことにもよると思う。ちなみに、これの言いだしっぺは小沢一郎という話だ。二大政党制は一党政権になるため、強力な政権運営が出来るメリットがある。少数の社民党が普天間問題で民主党を散々振り回した事は記憶に新しいと思うが、一党政権になれば連立でないぶん、確固たる政権基盤を築きやすいのだ。一方、国民の選択肢を減らしてしまうデメリットがある。二大政党制は、デメリットが勝り理想的な形ではないというのがうちの意見だ。メリットである強固な政権は時に暴走する危険があり、デメリットになりかねないし、多様な国民の意見に二大政党制は対応しきれないからだ。その弊害が今回の参議院選挙でも出てきている。消費税をどうするか、参議院選挙では論点の一つになっているが、与党、民主党の菅総理は引き上げに前向きで、自民党も10%への引き上げを公約にしている。引き上げに反対という意見の人はさてどこに投票すればよいのか。同じ引き上げるにしても、民主・自民両党の言い分を聞いて、どちらかに妥協点を見出せればそちらに投票もできるが、そうした質疑も国会を閉じてしまっては実現は不可能である。

国民より選挙の方が大事という民主党を評価し支持するかしないか。国民の一人一人がきちんと考え判断し参議院選挙に臨む事を願うばかりである。

蛇足になるが、知人からこんなチラシが届いたので参考情報として貼り付けておく。

画像


民主党の問題点が箇条書きで簡潔に纏められているので、友人・知人との討論の参考にでもして頂ければ幸いである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック