渡辺喜美の自民党離党で思う事。

渡辺喜美が自民党を離党した。
自民党にいながら、自分たちの親分に背後から卵を投げるような真似を平気でするような奴だから、自民党としてはせいせいしているんじゃないのか?
それに。解散や定額給付金は麻生政権になってからの問題ではなく、福田政権から引き継いだ問題なのだから、離党するならば福田政権の時に離党すべきで今離党する理由にはならない。なぜこのタイミングで離党したのだろうか。疑問を覚えてしまう。

色々考えていると、色々な妄想が膨らむものである。小沢一郎と裏で手を結んだのではないか、そんな想像もしてしまう。

渡辺善美は国民のための政治を実現するために無鉄砲に自民党を飛び出したのか、と言えばそうでもないと思われる。
渡辺喜美の立候補区である栃木県第3区は父、渡辺美智雄より引き継いだ強固な地盤である事。自民党に残って多少の逆風が吹こうが、また、自民党を出て支援してもらえずとも、その知名度と地盤がある限り選挙ではよっぽどの事が無い限り負ける事は考えにくい。選挙で勝てるという計算が働いているのは間違いないと思うが、この計算から求められる勝てる確立をぐんと上げているのは、今現在、未だに民主党が公認候補を立てていない事。この要素は見逃してはいけないもので、小沢一郎と裏で手を結んだのではないかと、うちが疑う動機はここにある。次の総選挙で自民党が勝つのは難しいが、民主党が単独過半数を握るのもまた難しい。どちらが政権を担当するにしても連立政権となるだろう。選挙後、渡辺喜美は渡辺一派を引き連れて政権与党を決定する鍵を握り、その鍵を持って民主党に合流。その功績をもってすれば、大臣ポストを与えても民主党内部から批判も出まい。
小沢は、次の選挙の事を考え、自民党内部で孤立を深めていた渡辺善美に接近。知名度から言っても、選挙後の保険装置として渡辺善美は申し分ないだろう。自民党内部の切り崩し、無所属議員の取り込みといった仕事をしてくれれば、見返りとして渡辺善美の選挙区に対立候補を立てない事や、次の内閣のポストを用意する、という餌をまいたのだろう。それに食いついたという、ただそれだけの話のような気がする。

要するに、欲に目がくらみ自民党を裏切っただけなのでは?
あくまでもうちの想像、妄想ですが。

ただ、このままいくと、村山政権を超える反日売国政権が出来そうで怖い。

ところで。小沢一郎が自民党に手を突っ込み、ぐちゃぐちゃにかき混ぜた結果、渡辺善美が釣れたと想像する理由は小沢一郎、その人の過去にある。
94年、細川政権崩壊後、小沢は連立組み替えを狙い工作を開始する。社会党の右派、左派の間を分裂し、左派グループを連立から追い出そうとしたが、しかし、それだと連立与党の数が足りなくなる恐れがる。そこで、小沢はその穴を埋めるため、当時の自民党、渡辺派のボスである渡辺美智雄に自派の議員を引き連れて自民党を離党し、連立政権に参加するように働きかけた。渡辺美智雄は渡辺善美の父親である事は言うまでも無い。息子は、おそらく小沢の工作に乗り自民党を飛び出したが、父の美智雄は自派の議員の大半が自民党に残る道を選択した事もあり、離党寸前の土壇場で踏みとどまる。
小沢という政治家は、こういう政局を仕掛けるのを昔から得意としているから、今回書いたような妄想に結びつくのだ。
余談だが、渡辺美智雄を自民党から離党させ連立政権に参加させようと最も積極的に動き、連立政権側とも密かに、しかし頻繁に接触を持っていながら、土壇場で裏切ったのは誰であろう、山崎拓、その人である、という話だ。

とにかくも。政治は今も昔も国民よりも自分たちの利益であり政局が優先なのだ。渡辺善美に過大な期待を抱き過ぎぬ方が良いだろう。むしろ、駄目だこいつ、と思っている方が正常だろうな、と思うがいかがなものか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック