党首会談?

今日(この時点では11月17日月曜日)は、ゆっくり本を読むか、書きかけの記事の続きを書くか、どうしようか考えていたのだが、政治の方に動きがあったので急遽こちらを取り上げることにする。

新テロ法採決など拒否、民主が方針…初の党首会談不調

11月17日20時59分配信 読売新聞

 麻生首相(自民党総裁)と民主党の小沢代表は17日夜、首相官邸で初の党首会談を行った。

 小沢氏は2008年度第2次補正予算案の今国会提出を求めたが、首相は「努力している」と述べるにとどめた。

 民主党はこれに反発し、18日に参院外交防衛委員会で予定していた新テロ対策特別措置法改正案の採決などを拒否する方針を自民党に伝えた。

 与党は、新テロ法改正案や金融機能強化法改正案を確実に成立させるため、今月30日までの臨時国会会期の延長も視野に入れて検討を始めた。

 これに関連し、自民党の大島理森国会対策委員長は17日夜、民主党の山岡賢次国対委員長と電話で会談し、第2次補正予算案は来年1月召集の通常国会に提出する意向を伝えた。

 党首会談は、民主党の要請で午後6時から約30分間行われ、自民党から河村官房長官、細田幹事長、民主党は鳩山幹事長、山岡国対委員長が同席した。

 小沢氏は「景気対策関連の2次補正を今国会に提出すべきだ」と要求した。そのうえで、「2次補正が提出された場合、(参院で)結論を速やかに得られるよう代表としての責任で約束する」と語った。

 首相は2次補正について、「今の段階で(提出時期を)答えられるわけではないが、補正を出せるように努力している最中だ」と述べた。新テロ法改正案に関しては、「(18日採決という)参院で決めた話を党首が一方的に破棄するのは納得しかねる」と指摘した。

 与党幹部によると、小沢氏は「2次補正を出せば、協力する。その約束に違反した場合は議員を辞めてもいい」と述べたという。しかし、党首会談終了後、小沢氏は記者会見で、この発言を否定した。

 政府・与党は、第2次補正予算案を今国会で成立させるには大幅な会期延長は避けられないとして、通常国会で処理する方向で調整を進めている。これに伴い、与党内では衆院解散を先送りすべきだとの意見が強まっており、首相も来春以降の衆院解散を示唆した。民主党は、早期解散を求める立場から国会対応で強硬姿勢を強めたものと見られる。

 民主党は党首会談後、小沢氏ら幹部が協議し、第2次補正予算案が提出されない場合、新テロ法改正案と金融機能強化法改正案について、当面は採決には応じない方針を確認した。

 両法案は参院で審議中で、民主党が採決引き延ばしを続けた場合、衆院の3分の2以上で再可決可能となるのは、新テロ法改正案が12月20日以降、金融機能強化法改正案は来年1月5日以降となる。

最終更新:11月17日23時16分


民主党が奇怪な動きをしている。党首討論ではなく党首会談という形で実現した両党首の話し合い。しかし、どういった会談の内容だったのかがよく分からん。目に見える討論という形にしてもらいたかったのだが。
内容も理解に苦しむが、この時期、このタイミングでの会談も裏がありそうだ。
民主党は、『新テロ法改正案と金融機能強化法改正案について、当面は採決には応じない方針』だそうだ。これは政策よりも政局を優先させたと言われても仕方ないだろう。
景気、経済、金融をどうするか。政治が果たす役割が期待されている今、第2次補正予算案を国会へ提出するのは急ぐべきではあるが、これが遅れているから金融機能強化法改正案の採決に応じないとはどういった理屈だ。景気対策をやれ、と言って置きながら金融機能強化法改正案の採決には応じないじゃ言っていることに矛盾があるだろうと思う。
新テロ法改正案も今は可決拒否なんてやっている場合じゃない。テロ法の期限が切れるのが2009年1月15日。アメリカのオバマ政権発足が1月20日。期限が切れて撤退となれば発足を間近に控えたオバマ政権の感情はあまり良いものにはならないだろう。それでなくとも、日米の関係は冷え込む可能性が高い。
審議をつくした結果、国民の同意が得られずの撤退ならばまだしも、最初から採決拒否を明確にしてしまえば、相手に日本批判の口実を与えるようなものだ。撤退するなら金をくれ、と言われたらその金をどう捻出するつもりなのか。こじれたアメリカとの関係をどうするのか。その点はどう考えているのだろう。また、民主党が政権与党となったとすれば、これを口実に国益を損なうような要求をねちねちとされた場合はどう対処するのか。そこまでの計算が働いての採決拒否なのか?
日本が毅然と一人立ちしているのであればまだしも、アメリカに守られた現状を明日にも変えられるかと言われれば難しい。この段階をクリアしていれば、アメリカへの応対も変わってくるのだがなぁ・・・。

それと、この時期、このタイミングで党首会談とは、国籍法改正案成立に向けて、マスコミであまり取り上げられぬようにする為に仕掛けられたカモフラージュだったのではないか?と思ってしまう。与党か野党か、どちらが積極的に動いて党首会談を仕掛けたのかは分からないが、水面下でとんでもない事が動いているような気がして怖い。そして、この件をマスコミはほとんど報道しない。マスコミの質の悪さも恐怖の一因だ。

この法案の問題点は以下のサイトに詳しいので、そちらを読んでもらいたい。

国籍法改正案まとめ

日本の病の根本は政治家でも官僚でもなく、政府の意図にまんまと騙されているのにも気づかずにいる(意図的に気づいていないふりをしている)メディアにあるのかもしれない。

今、この国は非常に危険な状況下にあり、その中にあって未来の指針をどうするかを決める重要な岐路に立たされている。慌てて書いたので内容が不適切な箇所もあるかとは思うが、この事が伝わればと思う。

ではまたそのうちに。眠いわぁ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 麻生首相と小沢民主党代表 初の党首会談で審議拒否に

    Excerpt: オツカレです。 なぜ追加経済対策の財源となる2次補正予算案を提出しないのか。 [17日 日経]首相、小沢氏と初の党首会談 民主、審議拒否も  麻生太郎首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党.. Weblog: ハズレ社会人 racked: 2008-11-18 16:06
  • 今日の論点!ブログ意見集: 党首会談決裂で民主が戦闘態勢 by Good↑or Bad↓

    Excerpt: 「党首会談決裂で民主が戦闘態勢」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿して.. Weblog: 今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+ racked: 2008-11-18 17:42