ホッケの煮付けは、あるよ。

11月11日、東京TV系で放送されたガイアの夜明けで、TVを見てで久しぶりに憤慨したのでブログを書く事にした。
内容は、アメリカ発の金融危機の特集で、その中で京品ホテルの事件が取り上げられていた。詳しくは京品ホテルのウィキで読んでもらいたい。
バブル時代、多角経営に乗り出したものの失敗し多額の負債を抱える結果となり、そのツケを真面目に働いてきた従業員に押し付ける社長の態度にな。腹が立つ。従業員の人生を狂わせた責任を感じているならば、土下座のひとつでもするもんだろ。それが、何が悪い?といった感じでヘラヘラ笑う社長の面を見ていたら、殴ってやりたいくらいに思ったさ。
道は険しいが従業員には老舗ホテルの暖簾をなんとか守ってもらいたい。今度、友達を誘って飲みにでも行こうかしら。それくらいなら力になれるな。

ついでだから、色々と書いておくことにする。今度いつ書けるか分からないしね。

麻生首相「ホッケの煮付け」??庶民派アピール空振り

11月11日8時2分配信 スポーツ報知

 庶民は一日にしてならず-。麻生太郎首相(68)は10日、前日行われた学生たちとの居酒屋懇談のメニューに触れ「ホッケの煮付け」が出たと発言。自民党幹部から「ホッケに煮付けはありません。ホッケは焼くしかない」と突っ込まれる一幕があった。この日、発表された共同通信社の全国電話世論調査では内閣発足後初めて支持、不支持が逆転。迷走を続ける麻生首相には選挙前の「クビのすげ替え」説も浮上している。

 麻生首相の即席庶民ぶりが、またまた馬脚を現した。10日の自民党役員会。首相は9日夜に渋谷の居酒屋「北の家族」で行われた学生との飲み会の話題をふった。「(居酒屋で出た料理は)ホッケの煮付けとか、そんなもんでしたよ」

 これにやんわりとかみついたのが大島理森国対委員長。「ホッケに煮付けはありません。ホッケは焼くしかないんです」。大島氏の出身地の青森ではホッケは当たり前の食材だ。厳密にいえば煮付けにされないこともないというが、東京の居酒屋メニューでは、焼いて出されるのが一般的。「北の家族」でもホッケは“ 焼き”のメニューしかなかった。もともと麻生首相が堪能した3000円の宴会メニューに、ホッケ料理はなく、別の魚と勘違いした可能性もある。

 先の国会答弁でカップめんの値段を「400円ぐらい?」と答え、失笑された麻生首相。最近は漫画「こち亀」に便乗し商店街を視察するなど庶民派をアピールしてきたが、今回の居酒屋飲み会は完全に裏目に出てしまった形だ。

 政治評論家の有馬晴海氏は、首相の一連のパフォーマンスについて「小泉さんは『自民党をぶっ壊す』などの言葉で国民を引きつけたが、麻生さんは浮いている感じで国民の魂に響かない」と解説する。

 結局、居酒屋飲み会の後もホテルのバーへ直行した首相。「若い人と居酒屋に行くのは、本人にとってはかなり無理してやっている仕事。その後にホテルに行って葉巻をくゆらして初めて癒やされる。それが“オレのペース”ということなのでしょう」(有馬氏)

 庶民とセレブの間で迷走する麻生氏には、世論調査でも厳しい結果が出た。内閣支持率は前回より1・6ポイント減の40・9%に低下。逆に不支持率は3・2ポイント増の42・2%に上った。政権発足からわずか1か月半。早くも「不支持」が「支持」を上回った形だ。

 さらに、首相が満を持して打ち出した追加経済対策の意外な不評ぶりも浮き彫りに。総額2兆円の定額給付金について「評価しない」と答えた人が58・1%と「評価する」の31・4%を大きく上回った。「ばらまき」批判などに加え、支給対象をめぐる政権のドタバタぶりが不満を広げたとみられる。

 一方で救いは「どちらが首相にふさわしいか」との質問で、麻生氏(51・0%)が小沢一郎代表(24・4%)を前回同様引き離していることだ。

 有馬氏は「支持率が下がったとはいえ、まだ勝負できる数字。ただ、このままジリ貧の状況が続くなら、任期満了直前の来年7月に総裁選をやって、クビをすげ替えるという話もある」としているのだが…。

最終更新:11月11日14時52分
スポーツ報知


麻生さんは庶民感覚が無いということでよくマスコミから叩かれるけど、そもそも金持ちだろ。庶民感覚が欠如していて何が悪い。あまりに批判するから少しでも庶民の事を学ぼうと下町に行っても、パフォーマンスと叩かれる。どうしろというんだ。
先日、友達と食事したときに、友達が言っていましたが。大企業の社長が、うちらと同じ所で酒を飲むか?ましてや一国の総理ともなれば場所を選ぶだろう、と。まさに我が意を得たりの表現だ。
収入だったり年齢だったり。その人それぞれの環境に応じて店は選べばいい。それだけの話。
総理に求められるのは、庶民感覚ではなく、庶民に向ける視線を忘れない事。庶民が何を考えて何を求めているのか。様々な意見を聞く耳を持つ事。それを忘れなければホテルのバーだろうがどこだろうが好きな所で飲んでもらって結構。
要は、きちんと仕事をして結果を出してくれれば贅沢したって文句は言わないさ。大人だから。うち。

それと、ホッケの煮付けは料理として存在する。ホッケは頭と腹ワタを除いて2枚におろして長さを半分に切って、酒をふりかけます。醤油を酒とみりんで割って辛すぎるようなら水を足す。それと砂糖をいれて、煮立てる。煮立ったらホッケを入れて、その上に生姜を散らして、4,5分煮込めば完成。人参とか葱とか。筍なんかと一緒に煮てもいいかも。美味しいよ。

あぁ、煮魚くいてー。

それと。
田母神さん、お疲れ様でした。不当な弾圧に負けないよう応援します。

じゃ、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年11月12日 01:34
時々拝見させて頂いています。時を得た当たり前の常識論が通用しない現代を、巧に表現なされる書き込みに感嘆です。今後とも期待させて戴きます。
ニート
2008年11月12日 12:39
会員制高級バーで飲むことを非難しているのでは無く、新聞で動静が毎日報道されているのに、一般庶民が行けない、行っても入れないバーに毎晩かよっている事があなたの言う「庶民に向ける視線を忘れない事。庶民が何を考えて何を求めているのか。様々な意見を聞く耳を持つ事」を忘れていると庶民が感じているという事ですよ。
この記事の13年後の会社員
2021年11月20日 11:16
ホッケは焼くしかない、って言うのが本来、マイノリティの集合体であったはずの野党の増長部分を的確に表してますね
ちなみに私の実家ではよく出てました
非常にローカルですが

値段クイズもおそらく麻生が食べていた頃のカップ麺の値段と現在の物価、一般的な食費のバランスからその場で算定したんでしょう
まさかカップ麺の値段がそこまで落ちてる(1食分の半分の値段以下)まで落ちているという認識が無かったのであって食費や経済感覚という目では確かだったのでは?
と思わずにはいられませんね

この記事へのトラックバック

  • 報道のパッシングは無視するが・是は無視出来ない!。

    Excerpt: 「解散・選挙?何時の日か?夢物語。」について 反日メデアのパッシングは意に介さない。アホウ共に付き合うと此方もバカに成り下がる。  だが、国民の中に、このアホウに扇動され、付和.. Weblog: *自由の翼*ITUKYUU racked: 2008-11-15 22:19