言論弾圧ですか?

血縁関係者のリーダー☆さん。どうも。この間はお疲れ様でした。夜遅くにも関わらず車で送ってもらい、助かりました。有難う。
まさか貴様からかような真面目なコメントを頂くとは思ってもいなかったので、驚いたのも束の間、『永遠はあるよ』かよ。ちゃんと落ちをつけるあたりが、さすがは血縁者だな。さて、これに対する返答を求められると随分と窮してしまうのだが。
『起きないから奇跡っていうんですよ』
また、正月に会いましょう。部屋を綺麗に掃除して待っていなさい。

さてさて。久しぶりに競馬。この間の連休二日目は天皇賞(秋)だったので、浅草まで馬券を買いに繰り出しました。
ウォッカかダイワスカーレットどちらを軸にするか迷った結果、ウォッカを軸にながしての馬連馬券にしました。ここまではよかったんだ。軸から外したダイワスカーレット。5着以内には入るか、馬券に絡むかとは思うものの、休養明けというのが気に食わず、馬番7-14の目は放棄。対抗を東京で連勝中のディープスカイにし、2-14の馬連が本命。他に古馬代表としてアドマイヤモナーク、面白いところでドリームジャーニーで勝負する事に。
馬券を買い、発走まで時間があったので、その時間を消す為に、浅草の街をぶらぶらと歩く。競馬の後はここで飲もうか、あそこで飲もうか、などと当たりもしないうちからそんな事を考えながら一人でぶらぶら。

そして、発走。
レースは手に汗握るいい内容だった。歴史に残る一戦だったと言っても過言ではない。だが、うちの馬券は大外れ。ウォッカが予想とおりの一着だったのは良かったが、スタートと同時に飛び出したダイワスカーレットが勢い衰えず2着でゴール。捨てた目、7-14が当たり目。まさかガチガチの一番人気がくるとは。

結果、酒も飲まずに、がっくりと肩を落として浅草を去りましたとさ。ちゃんちゃん。

さて。ここからがらりと調子を変えて。
うちが里帰りしている間に、とんでもない事件が起こったようだな。

航空幕僚長を更迭…論文で「わが国が侵略国家は濡れ衣」

 政府は31日深夜、持ち回り閣議で、航空自衛隊トップの田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長(60)を更迭し、航空幕僚監部付とする人事を了承した。

 田母神氏が、昭和戦争などに関し「我が国が侵略国家だったなどというのは濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)だ」などと主張する論文を発表していたことが分かったためだ。

 過去の植民地支配と侵略への「深い反省」を表明した1995年の村山首相談話に反する内容で、田母神氏が防衛省の内規に反し、論文発表について事前の届け出をしていなかったため、浜田防衛相が更迭を決断した。

 論文は、田母神氏が、ホテル・マンション経営のアパグループ(本社・東京都港区)の懸賞論文に応募したもので、賞金300万円の最優秀賞を受賞。11月5日発売の同グループが発行する月刊誌に掲載される予定だ。

 「日本は侵略国家であったのか」と題した論文は「今なお大東亜戦争で我が国の侵略がアジア諸国に耐え難い苦しみを与えたと思っている人が多い。しかし、私たちは多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要がある」と主張。また日中戦争について「我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」、日米戦争についても「日本を戦争に引きずり込むためアメリカによって慎重に仕掛けられたワナだったことが判明している」などと指摘した。

 麻生首相は31日夜、首相官邸で「(論文を)個人的に出したとしても、立場が立場だから、適切でない」と記者団に述べた。

 田母神氏は防衛大学校15期生で、1971年に航空自衛隊に入隊。航空総隊司令官などを経て2007年3月に空幕長に就任した。


元幕僚長の論文はこちら。

http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf

内容は別段問題視する事のない内容だろ。日本人として日本の立場を主張しているだけだ。
問題があるとするならば、政府の公式見解となっている『村山談話』なるものと見解がまるで違うという点だろう。自衛隊のトップといえども、国に仕える公務員である。国の方針に対して異を唱えての更迭ならば、一応はスジは通る。だが、この論理で物事を処理するのであれば、国歌・国旗に異を唱える一部の教職員も容赦なく処分せねばなるまい。でなければ、スジが通らない。
マスコミを見てみると、元幕僚長の発言は不謹慎であるという論調で固まっている。政府の更迭処分は当然だとも取れる報道の仕方だ。だが、ここに矛盾と危険が孕んでいることをマスコミは気づいていないのか?
先に書いた教職員の場合、権力の不当な圧力はけしからんとマスコミは書く。一方で元幕僚長の一件では、権力の圧力を認めている。この矛盾。
この一件は言論の自由への政府権力による弾圧である。中国や北朝鮮ならいざ知らず、民主主義国家のこの日本でそのような事が罷り通って良いはずがない。ましてやマスコミこそ言論を守らなければならないのに関わらず、政府の弾圧を支持している。この危険。そして、危機にたいしてなんと鈍感な事か。

歴史とは一面だけ見て判断出来るものではない。多面的に検証しなければならない。当然そこには様々な見地から様々な意見が出てくるだろう。時には口角泡を飛ばす事もあるだろう。それはそれでとても良い事である。ただ、日本の立場で日本人として、という前条件付きだが。中韓に配慮する必要は無い。あくまで日本の日本人としての歴史認識なのだから。議論をしようと言われればやぶさかではないが、中韓に配慮するような馬鹿者とは議論する気は無い。脳味噌を日本人にしてから出直してもらいたいな。論点がずれたが、国民がいくら議論をしても、村山談話なるものがある限り、結果は一つどころに落ち着くしかない。こんな馬鹿な話は無い。結果が用意されているならば、議論する必要はなく、言論とて不要になる。このようなところまで考えずに「侵略戦争だった過去を否定する危険な言論」を批判することが正義と信じて疑わないようなマスコミはもはや健全なジャーナリズムとは言い難い。

もともと、マスコミは信じていないが、まずます不信感を強くした。

この一件。麻生自民党の始末のつけ方は支持しない。当然、これを政局に利用しようとする民主党も支持しない。いやいや。民主党やマスコミが馬鹿だから、政府も馬鹿な対応を取らなければならないのか。それともその逆か、両方ともただの馬鹿か。

まあ、今後、マスコミは日教組に対してきっと強く物を言ってくれるようになるよ。でないと、整合性とれないものね。そんな空虚な言葉を吐き出しつつ。

また次回のブログでお会いしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [ 国旗 ]での検索結果

    Excerpt: 国旗 に関する日本国内の三大オンラインショッピングモール、Yahoo! 楽天 AMAZONの検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。 Weblog: いい商品をシンプル検索 racked: 2008-11-05 02:30