雑記。休日を楽しんでますか?

連休もそろそろ終わりですね(´・ω・`)
うちは暦通りの休みだったのですが、長く休めた人、ぜんぜん休めなかった人、様々いると思いますが、そんな連休も残り1日を残すのみです。

お休みだった人、何をしてました?楽しんでました?
うちの休みは・・・。

休み初日の土曜日。PCのHDDの整理に勤しむ。朝から録り溜めていたTV録画ファイルを消化。ついでに買ったDVDも視聴しておく。
休み2日目の日曜日。引き続きPCのHDDの整理とデータのバックアップに勤しむ。
休み3日目の月曜日。PCが一段落ついたので、部屋の掃除に勤しむ。

と、いった具合です。
給料日前で、お金もないし、ひたすら部屋に引きこもっております。退屈だ( ´ー`)y-~~

当初、実家に帰るかとも思っていたのですが、汽車賃もないし、断念。
もうひとつの候補で、新線、舎人ライナーに意味もなく乗りに行こうかとも思いましたが、お金があるときにしようと断念。また、こちらも新線、横浜地下鉄新線グリーンラインに乗りに行こうかとも思いましたが、神奈川は喫煙者に厳しい県なので断念。
せめて、山手線1周の旅に行けばよかったかな?と後悔中。
田端~品川区間の京浜東北線とのバトルを楽しむのも良かったかな?と後悔中。

京浜東北線で思い出したことがある。
唐突ですが、業務連絡。この間、銀座での会食に参加された友人各位、お疲れ様でした。
ベルギービールのお店でしたっけね。にも関わらずイタリアビールばかり飲んでいましたが、たまには他の国のビールを飲むのも美味しいものです。料理も美味しかった。値段は少々厳しかったけど、美味しいので仕方がない。当然の対価でしょうな。
うちは、あんまりああいった西洋風のお店は立ち寄らない。蕎麦屋や鮨屋、といった和風の店に行くことが多いので、今回のように、ああいったお店に案内してくれると、様々な発見があって、楽しい。また、時間を合わせて会食しましょう。

銀座のお店と京浜東北線がどこで結びついたか。
その日、有楽町駅で下車して、喫煙所で煙草を吸っているとき、京浜東北線の電車がホームに滑り込んできた。その車両が、E233系。普段、地下鉄で移動することが多いので、初めて目にしてちょっと嬉しかった。209系で見慣れていたので、多少の違和感はありましたが。

などと、筆を進めてきましたが、決して『鉄』ではありません。
路線図を意味もなく眺めるのは好きですが、『鉄』ではありません。
乗り物全般が好きなのですよ。車・飛行機・船などなど。
路線図だけではなく、地図も好き。
地図を眺めながら、脳内旅行をするのです。その妄想だけでかなり楽しい。
路線図を眺めながら、ここで何線に乗り換えて、云々考えるのがかなり楽しい。
妄想は金がかからないからね。いい暇つぶしになる。

それで、連休初日。
学生のころの友達連中から電話が来た。
みんなで飲んでいて、かなり盛り上がっているようだ。地元にいないうちは参加出来ず。(´・ω・`)
『鉄』ではないが。JRで運転手をしている友達に運転席に乗せてくれと頼んでみたら、断られた。残念だ。『鉄』ではないが。
しかし。連中とはしばらく会っていない。今度、地元に帰ったときにでも、飲めたらいいな、と思うこの頃。

さらに雑記を書き進める。
録画したまま、視聴していなかった、ガンダム00をまとめて見た。
ガンダムSEEDシリーズがあんまりにも酷かったので、あんまり興味はなかったが、周りの反応を見ると、案外といい。友人・知人のファーストガンダム世代(SEEDではない)に聞き取り調査をしてみたところ、評価が高かったので、見てみようと思いながら、最終回まで録画で済ませて視聴していなかったので、まとめて見るはめになった。
戦争・紛争の根絶を謳いながら武力行使する主人公チームに、当初はなんかSEEDの馬鹿チームみたいだなぁ、などと思いながらも、回が進むにつれ認識を改めることになった。
圧倒的な戦力を持つガンダム各機。話中盤。これを撃破・虜獲するための物量作戦は壮絶だった。いかに優れた機体とはいえ、間断なく攻撃されれば人間の方が疲れ果てるのは自明のことで、卑怯と言われようと、もっとも良い作戦と言えるだろう。SEEDはこういったことを無視して描かれていたが、00はこういった点がきちんと踏まえられていた。
主人公チームは、戦争根絶を謳いながら武力を用いる行為に疑問を持ちながら戦うなど、SEEDとは違い、戦争や人間の苦悩が描かれていた。何よりも、この戦闘で何人死んだ、といった具体的な数字の提示は、戦争を身近に感じさせることで視聴者一人一人が戦争とは何か?を考えさせる計算された演出だと思う。
水島監督や構成・脚本の黒田さんなどなど、スタッフがきちんとしていれば、ここまでいいのが出来るんだなぁと思ったさ。
それにしても00は容赦ないなぁ。
SEEDでは主人公チームの死、ってあったか?なかったと記憶しているが、00ではバタバタ死んでいく。戦争は戦う両者どちらにも、勝敗を問わずあらゆる悲劇を平等に与えるんだなぁ、などと考えさせられた。
主人公たちが命をかけて世界にメッセージを発信するので説得力があった。
後半戦は、分かっていても泣かされたねぇ。くそう。

第二期が今から楽しみになってきた。秋までは何とか生きていようと思う。

DVD。ヱヴァンゲリオン新劇場版:序、見ましたよ。
劇場で見たかったが、時間が無く見れなかった。念願叶いようやく見れたよ。
話の内容は、TVシリーズの焼き直し的ではあるが、作画・ストーリー展開など、プラスアルファが盛り込まれていて、知った内容ではあるが、最後まで楽しめた。第二幕が楽しみだ。

そんな休日です。

こういうときに、溜まった本を消化すればいいのだが、分かってはいる。けれど、時間が有り余っていると、逆に普段しないことをしようとあれこれ考えて、結局何も手がつかず終わってしまうことがおおい。その点、今回の連休はビデオの消化という成果が挙げられたことは上出来だ。うちとしては。

せっかく更新をするついでに、最近の世の中の動きに対して、簡潔に毒づいてみようと思う。もうしばし、付き合ってくれると幸いです。

先日行われた。長野市における聖火リレー。
無事に大きな事件もなく終わったような気がするが、実は許しがたい様々な出来事がおこっていたのね。
■中国人は何をやっても自由。「フリーチャイニーズ」状態
■一方、日本人は何かことをおこすと警察が止めに入る。「ノーフリージャパニーズ」状態
(注:英語が正しいと保障するものではない)
警察官の前で、中国人留学生が暴力行為をおこなっても警察は知らん顔だったという。いったい、警察はどこの国家に属しているのかはなはだ不思議に感じさせられる光景だったそうですが、警察に上層部から圧力がかかっていた、と想像するのはあながち間違いではないと思う。つまりは、福田康夫首相筋からだ。なぜ日本人だけ取り締まり中国人は見逃すのか。
で、その問題の中国の主席、胡錦濤氏が明日来やがる。一言で言えば「来るな」だが。
福田と何を話すのか。福田のことだから、どうせろくな展開になりゃしない。日本の国益が損なわれる会談になることが目に見えている。
百歩譲って、総理との会談は認めたとしても、天皇陛下への謁見や天皇陛下が宿泊先を訪れるといった予定は認めるわけにはいかぬ。
胡錦濤側の思惑は見え見えで、オリンピックを控えたこの時期、チベット問題、人権問題などでの国際世論の反中国に対する盾として日本を利用しようと考えているんだろ。
これはつまり、日本は中国の不当な人権弾圧に加担することに等しい。そこに、天皇陛下が担ぎ出されるのだから、許しがたい行動だ。

福田はそこまで考えていないだろうな。ひたすら中国に媚続けるんだろうな。

国内では、暫定税率の問題や後期高齢者医療の問題など、日本国民は苦しんでいる。それよりも、中国なんだろうな。福田は。

福田が総理大臣を一分一秒でも長くつとめるということは、その間、次々と国益が損なわれ、国民がますます苦しむことになる。こんな総理は一刻も早く辞めていただかねば、日本がますます傾いていくだけです。

といったところで。
今日はどんなyoutubeを貼って撤退するか考えたんですが。
汽車の話題が出て、日本の未来に絶望して。
でも、元気に行けるとこまで行こう。というわけで。



(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック