引きこもっていると鬱になるので谷中にいったらえらいことに。

暑いですね。
この時期、暑中見舞いってのがありますね。メールの発達で、最近はあまりみかけなくなりましたが。
友人から暑中見舞いが来ました。

「わたしたち、結婚しました」

喜んでいいのやら(;・∀・)

みなさん、懐の余裕がないんですかね。うちの周りは、結婚式や披露宴をやらない人が増えています。うちの弟もやらなかったし。

なんか、愚痴になりますが。

お相手が出来ると、それまで親しくしていた友人が少しずつ距離を置き始めます。ま。友達と遊ぶよりも、恋人と過ごす時間のほうが大切になるんでしょうね。お互い連絡を取らなくなり、突然、結婚しました、なんて葉書が届いたりする。祝いたい気持ちもあるんですが、薄くなった親交はなかなか戻りません。結婚したら、なおさらに遊びに誘うのも遠慮してしまいますしね。そんなふうにして、歳を重ねるにしたがい、友人が減っていく今日この頃ですよ。

うちにも、お相手がいれば、話は違うのかもしれませんが、生憎、寂しい一人身でございます。
相手を探すにも、出逢いがないし、もし、出来たとしても、まあ、うちの性格に合う人はなかなかにいまいて。猫のように気まぐれ。相手に苦痛を与えるのが好き。こんなうちにはたして相手が出来るのかΣ(゚Д゚)

ある占い師の見立てによると、うちは、後4年後に結婚するらしい。本当かよ。
出逢ったその場で恋の炎が燃え盛り、3ヵ月後に結婚するらしい。本当かよ。

真偽のほどは定かではありませんが・・・。

後4年後を・・・。わたしは、わたしはね。金麦と待ってるぅ~(ノ´∀`*)



ニコニコを見られない方へ。

サントリー 金麦

白の半袖のブラウスにオレンジ色のスカート。何の変哲もないエプロンと、昭和の頃には、商店街でよく見かけた服装ですが、ほのかに香る檀れいさんの色気がいいよね。ご主人にたっぷりと可愛がってもらっている若奥様って感じ。
CMで使われている曲もいい。この曲は、解説するまでもなく、有名ですよね。オールナイトニッポンのテーマ曲『ビター・スウィート・サンバ』です。オールナイトニッポンは、約40年続いている長寿番組ですが、うちら世代だと、昭和を連想させるテーマ曲ですね。
檀れいさんの衣装といい、この曲といい、昭和世代はつい見てしまうTVCMだけに、強烈に印象に残ります。
発泡酒はあまり好きじゃないんだけど。最近の発泡酒は美味しくなってきているらしい。
もらったので飲んだジョッキ生はまずかったけど。金麦はどうなんだろ。今度、飲んでみるかね。

ところで、お笑い用語で、『三段落とし』って知っています? 一段目、二段目で振って、三段目でそれを利用してボケる事を言います。
先の、情熱的な恋愛の末、結婚する、この落ちは・・・。
情熱的である反面、冷めやすいので、離婚も早いらしい。納得だよ。

後、4年後といえば、熟年結婚だ。お互い、後がなくなり、これを逃したら結婚出来まいという状況に追い込まれ、じゃ、結婚しちゃえ、と結婚しそう。で、お互い、独り身が長かったせいか、
「独りのほうが気楽でいいわえ」
と、離婚しそう。情熱的でもなんでもなく、そんな打算的な結婚をしそう(´・ω・`)

将来は、孤独な余生ですか?と占い師に聞いたところ、即座に「はい」と答えやがった。
行く先は孤独死かしらね。
・・・憂鬱になってきた_/ ̄|○

先日の土曜日と日曜日。運良く仕事が休みとれました。土曜日の午前中に、こんなことを考えていたら、なんとなく憂鬱な気分になってきた。これはいかん。部屋にとじこもっていては、憂鬱になるだけと、午後からお出かけしてきましたよ。

母親の誕生日の贈り物を見繕うついででもありましたが。

まず、浅草に出向きましたが、母親へは、いつもいつも、仲見世で何か適当に見繕ったものを送っていたので、たまには違うのがいいかな、と場所を変えて探すことにしました。

さて。どこがいいだろ。

考えた末、谷中に向かうことにしました。

ちょいと前に、お友達の春さんと行ったそのとき、お目当てのお店が探せども見つからず、その後、別件があったので、やむなく断念したという出来事がありました。この次、また春さんと谷中に行く機会があったときは、そのお店にぜひにとも行きたいと思っており、下見もかねて谷中がよかろうという思案と、また、そのお店で何か猫商品でも買って、母親に送ってもよいと思ったので、谷中にしました。

時間はたっぷりあるので。
浅草から言問通りを歩いて谷中に行くことにしました。距離もさほどでもありませんしね。
途中、言問通りからちょいとはずれて、日暮里駅南口に出て、『夕焼けダンダン』を降りて谷中銀座を見て歩き、途中、お蕎麦屋さんで、お酒を飲み、ちょいと遅い昼餉をしたためて、いざ、そのお店探すことに。とはいっても、急に思い立ってので、地図の準備も何もしていません。うちの勘働きだけが頼りですよ(;・∀・)

気分は・・・大江戸捜査網の隠密同心ヽ(`Д´)ノ

『隠密同心 心得の条 我が身我が命我が物と思わず 武門の儀、あくまで陰にて 己の器量伏し、ご下命いかにても果すべし なお 死して屍拾う者なし 死して屍拾う者なし』



そういやぁ。ガッツ石松が出ていたような気がした。美空ひばりさんも。

さて。頭の中で、大江戸捜査網の曲を繰り返し流しながら、谷中を探索する。
夜店通りを歩き、三崎坂をのぼり、右へ折れて細道へ入り、ヒマラヤ杉を見上げておけいこ横丁を通り、また、言問通りに戻り、大黒せんべいを右に折れて、三浦坂をのぼっていたら、お目当てのお店をあっさりと発見する。
この間来たとき、なんで分からなかったのか、不思議に感じるくらい、何の苦労もなく見つかる。大江戸捜査網、以上をもって終了(´ω`)

お目当てのお店とは、生猫に逢えるお店、ねんねこ家さん
猫さん店員にも逢えました(ノ´∀`*)
ずっと、棚の上で寝てた子もいましたが。寝顔も可愛いのだ(〃▽〃)

ねんねこ家さんで、母親には猫の置物を買って、うちは、ねんねこ家さん特製のブックカバーを買いました(*´∀`*)
お会計のとき、猫さんがレジスターに猫パンチをバシバシかましてくれて、人間の店員さんが慌てふためいてました・w・ きっと、レジのお手伝いをしたかったんでしょう。

お茶でも飲んで行きたかったんですが、一人だし、遠慮しました(´・ω・`)

春さんを誘って、今度行こう・・・。よろしく|ω・)ノ

ついでに。可愛い猫さんを。



癒されてしまった(*´∀`*)

目的は達成されましたが、このまま帰るにはまだ日が高い。それで、小川町にある本屋さんへ行くことにする。
小川町へは、池之端を通り湯島を抜けて昌平橋を渡り、靖国通りに出るのが早いと思われる。しかし、不忍通りに出ようと谷中の細道を適当に歩いていたら、言問通りに出ちゃったので、本郷通りを通って駿河台を抜けて靖国通りへ出る道筋に変えることにしました。これが、良かったんだか悪かったんだか。

本郷通り、東大赤門辺りを歩いているときに突然声をかけられる。
4年待たずに春がきたわ~(*ノノ)

「すまんが、根津駅はどこかのぅ」

お爺さんだった(´-ω-`)

「あっちに歩いてもらうと、言問通りにぶつかりますんで、そこを右に曲がって、その通り沿いですよ。不忍通りと交差するところに駅がありますよ」
と、教えてあげたんですが、お爺さんの目の色が不安の色をたたえているので、仕方もなく今来た道をお爺さんを案内しながら引き返すことにしました。
歩きながら、
「東大生かね?」
と、聞かれ、
「いえ、違います。一応、社会人ですよ」
と、答えたものの、
「東大に入れるだけの賢そうな顔してからねぇ」

( ´ー`).oO(人の話、聞いちゃいねぇよ
もう、面倒なので、根津駅で別れるまで、東大生になりすましました(´・ω・`)

子供のころは老け顔で、小学生のとき、電車・バスを子供料金で乗れなかった。
中学生のころ、新聞の勧誘にきたおじさんに、大学生と間違えられた。否定しても信じてもらえなかった。
その、顔のまま成長してしまったので、今じゃ童顔に見られることもしばしばある。この間も、別のところを散歩中のとき、大学生に間違えられたし。

( ´ー`).oO(10以上、年齢サバ呼んでもばれないかも

お爺さんと別れて、言問通りを引き返し、本郷通りの戻ったときに、気がつく。

電車で行けばよかった。それに、なんでまた本郷通りに戻ってきたんだ_/ ̄|○

こうなりゃ意地ってやつです。
そのまま、本郷通りを歩き、途中、順天堂病院の方へ道を折れて、御茶ノ水に出て、御茶ノ水橋を渡って、靖国通りへ向かってズンズン歩く。目的地はもう少しだ。と、また声をかけられた。今度こそ、春がきたわ~(ノ´∀`*)

「お若いの、一緒にカラオケでもどうかのぅ」

お婆ちゃんだった_/ ̄|○

声をかけたお婆ちゃんのほかに、お爺ちゃんとお婆ちゃん合わせて6人くらいいた。
敬老会?
「たまには若いひととでゅえっとやりたいもんじゃ」
「そうじゃ、そうじゃ」

(注:年寄りの方だと分かりやすくするため、言葉を変えてあります)

口々に勝手なことをいいやがる。
腕をつかまれぐいぐい引っ張られる。拉致事件発生ヽ(`Д´)ノ

「拙者、待ち合わせがござりますれば、これにて御免」

ササッ((((・_・)

「でーとじゃ、でーとじゃよぅ。若い人はええのぅ」

やたら年寄りに絡まれる、嘘のようで本当の話(´・ω・`)

さまざまな困難を乗り越えてやってきました目的の本屋。歴史時代書房時代屋さん。
時代小説愛好家にとっては、たまらないラインナップを揃えているお店です。

ここで、時代小説一冊を買って、小川町から程近い、須田町にある、いつもいっている居酒屋で酒食を楽しんで帰ってきた、そんな土曜日の午後の話でした。

まあ、お話は最初に戻りますが。
なんだかんだいっても、友達の慶事は素直に喜びたいものですね。
愚痴を書いたら、ちょっとすっきりしたので、暑中見舞いの返書でも書いて送ろうと思います。

ここまで、愚痴に付き合ってくれてありがとうね(´▽`)

今度、披露宴に呼ばれたら、これ歌いたいと思っているこのごろですよ。



数年前、友達の披露宴に呼ばれていったときのこと。
新郎さんは現役自衛隊員。ご友人席、及び、仕事仲間の席は、みんな自衛隊員。その方々が、これを振りつきで歌ってた(・∀・)
さすがは自衛隊員。見事なチームワークの踊りでした。動きはキビキビとしているし、腕を伸ばすところでは、指先までぴしっと伸ばしているしで、日ごろの訓練の成果の賜物だろうと思ったよ。

それでは。
今このとき、恋しちゃってるみなさん。幸せな未来を。そして、うちは、4年後を待つわ。

では、またねん。
(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック