また慰安婦問題か。

まずは、冒頭恒例のどうでもいい近況報告から。

三日ほど前に台所でぶっ倒れました( ´ー`)y―┛~~
おそらく貧血が原因かと思われる(`・ω・´)
しばらく立ち上がれず、こういうとき、一人所帯は辛いもんです。
うずくまりながら考えたこと。

今年の大河ドラマは面白いなーΣ(´д`;*)
プリキュア5、まだ五人揃ってないや(´・ω・`)
俺は最初からクライマックスだぜー(仮面ライダー電王)ヽ(`Д´)ノ
細木なんとか占い師はヤクザ( ´ー`)y―┛~~

ろくなこと考えてません。
まあ、人間寿命がくれば死ぬもんです。じたばたしたってしゃあないわな。
何度か三途の川を渡りかけているので、生への執着心が薄いのかも・・・。
とにかくも。このときは、日本酒を茶碗にそそいで一気に飲み干したら復活しました(`・ω・´)シャキーン━━━!!

やっぱり、食事が悪いんだろうな。うちの場合。
仕事のときの食事は一日多くて二食。それも、車で移動中にパンをかじるくらいなので、二食とはいえないかも。だいたいは一食が多い。これは、今に始まったことじゃない。前の会社のときも、その前の会社のときもそうだった。不規則な食生活が10年以上も続けば、そりゃ体に異常が現れて当然だろう。
それと、うちの性格。何か一つに集中すると、他のことに考えが回らない。食事も忘れて没頭することがある。
うちの家庭環境のせいもあるが、生まれてこのかた、三食きちんと食べたことがほどんどない。休日、朝早く起きても、何かバタバタやってるうちにお昼になるから、結局二食になる。
とはいえ、昔の人は二食だったんだよね。ただ、一日の活動時間は現代人より短いだろうから、単純に比較は出来ないでしょう。

うちがいえたことではないですが、食事はきちんととりましょうΣ(〃▽〃;)

そんなわけで。体に栄養をいれなくてはなりませんヽ(`Д´)ノ

金曜日の夕飯。
給料も入ったし、ここはいっちょ豪勢に焼肉やあヽ(`Д´)ノウワァン
でも、レバーは食べられないの(`・ω・´)
カルビ4人前。ご飯茶碗に二杯。そして、生ビール中ジョッキ5杯(ノ´∀`*)
お腹パンパンですΣ(´ρ`;)

土曜日の夕飯。
ラーメン屋でネギチャーシューをつまみに生ビール中ジョッキ2杯とラーメン(´¬`*)

日曜日の夕飯。
自宅で。野菜たっぷりの焼きソバと350ml缶ビール2本('¬'*)

こうして書いてみると、必ずビールがつくなぁ。欧米かヽ(`Д´)ノ
おちがついたところで・・・。

また、慰安婦問題が顔を出してきた。
うちの憶測ではあるが・・・。
先の六者協議において、日本は拉致問題が解決しない限り経済支援は行わない態度を示した。北朝鮮にしてみれば、非常に困った状況である。南朝鮮やシナも困った状況である。というのは、北朝鮮が崩壊すれば、南朝鮮は経済的打撃を受けるし、シナは共産の同胞を失うばかりか、散々やってきた”悪どいこと”に対する国際的非難の防波堤を失うことにもなる。アメリカは人権だのなんだのというが、結局は、日本人という異民族の問題であり、それよりも目の前に迫る核の脅威のほうが怖いのだろう。ここに、三者の思惑がピタリと合致する。日本が人権問題を盾に経済支援を行わないのならば、日本の過去の歴史をほじくりかえして、同じく人権問題として慰安婦を持ち出してきたんだろう。
つまりは、
「日本だって過去に人権を踏みにじってるくせに、そのことには頬かむりをして北朝鮮だけを非難するのはおかしい。だから、足並みを揃えて日本も経済支援をしろ」
ということの一連のキャンペーンなんだろう。

今まで何度か書いたが、従軍慰安婦問題について面倒ではあるが書いておこう。
ま、今さら書く必要もないことだとは思う。少なくともこの問題に興味を示し、テレビや新聞といった既存の情報機関に頼らず、客観的な己の目で調べることの出来る人間ならば、馬鹿馬鹿しいと思うはずだ。

結論からいえば、従軍慰安婦は存在しています。では、なぜ慰安婦が生まれたのか。

これは、人間の戦争の歴史と密接に結びついています。古今東西、軍隊と性の結びつきは切っても切れぬ問題なのです。いつの時代にも、戦場の周辺には売春宿があり、遠征軍に同行する女性のエピソードは多々あります。
そもそも、兵隊とは性欲がまったくなくなったお年寄りの集まりではありません。健全な若い男性の集まりです。となると、自然、”性欲の処理”の問題が出てきます。平時ならば、自慰行為で満足できるでしょうが、こと戦場という異常な空気の中では、それだけでは済まされぬ問題になってくる。占領地の女性に兵隊が暴行を働けば、その地域の今後の統治に大きな障害が生まれますから、どうにかして性欲の捌け口をもうけてやらなければなりません。男の都合ではありますが、占領地の治安維持政策のために、慰安婦は存在していたのです。
現在の倫理観の見地からいえば、これはとても許されることではありません。
しかしながら、何度も書いてますが、歴史とは現代の物差しで計ってはいけません。当時の価値観に照らし合わせて考えなければなりません。「人権」「フェミニズム」の概念がない時代、家族を支えるために女性が体を売っていたそういう悲しい時代があった。慰安婦はそういった話の流れの中にあるのです。
現在、就職するさい、同じ職種でも、より給料がよくてより待遇がよい職場を選ぶのは当然でしょう。
慰安婦もそれと同じ。より給料がよくてより待遇がよい軍が設営した慰安所に集まったのです。
軍が関与したのは、悪質な業者の取り締まり、慰安所の衛生管理。給与は当時の大卒者の10倍、兵隊の100倍は貰っていた。どうせ働くのなら待遇や環境がよくて給料もよいところで、と思うのは今も昔も変わりはないでしょう。

ところで、アメリカが慰安婦問題に散々文句言っているようですが、何を言う。おたくらはどうなのだと問い返したい。
ベトナム戦争のとき、軍が関与する売春宿をつくっていたのはアメリカじゃなかったか? そんな国が自分の国のことは棚にあげて慰安婦の人権云々いうんだから、笑いが出るが、大人なんでそんな反論はいたしません。心の中で失笑するだけです( ´ー`)y―┛~~

次に予想される非難ですが、強制連行があげられるかと思います。
これは、朝日新聞が左翼運動家と手を組んででっちあげた話に過ぎません。このデマも今じゃすっかりばれてしまいましたが、朝日新聞は謝罪せずに、”強制性”に問題があると問題をすりかえる始末です。日本軍が積極的に関与して拉致、誘拐により慰安婦にしたという証拠がなにもないから、強制連行という言葉が使えなくなって、仕方なく”強制性”という言葉に摩り替えたに過ぎません。

そもそもこの問題は、朝日新聞が吉田清治という人物が書いた一冊の本を、何のウラもとらずに信じきってしまったことに起因する。何のことはない。靖国問題と同様、朝日新聞のお家芸、反日キャンペーンのが、シナや朝鮮に飛び火し、ぎゃーぎゃー騒ぎだす始末だから、河野談話をだして沈静化を図ったというだけの話だ。証拠などなくてもどうでもよく、とりあえず波風立てないようにとの、政府・外務省の弱腰が今日まで尾を引く結果を生んでしまい、その点は非難すべきであるが、そもそも、政府を監視し非難すべきマスコミ自身が火をつけてるんだから、始末が悪い。

慰安婦問題を統括するならば、国内の朝日新聞をはじめとする反日勢力による陰謀である。

行き着くところは結局ここになるわけだが、日本人が自らの手で日本人の品位を貶めるという、キチガイじみた頭の構造には、いつもながら理解に苦しむ。いや。理解できない。

朝鮮やシナ、最近ではアメリカを含めて、この問題に関して騒いでいるが、日本国内で騒ぐ事ではない。ただ毅然と、真実を世界に向けて発信すればよいだけであるが、そうできないのは、やはり国内の反日勢力のせいだろう。

さて、こういう考え方で以下の報道を読むと馬鹿馬鹿しく感じるのは当然だと思ってくれるだろう。

「党内右派の支持優先」と批判=安倍首相の慰安婦発言でNYタイムズ

 
【ニューヨーク6日時事】6日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、従軍慰安婦問題で安倍晋三首相が「強制性を裏付ける証拠がなかった」と発言したことを社説で取り上げ、「傷ついた日本の国際的評価を修正するより、自民党右派の支持を得る方が大切なようだ」と批判した。
 同紙は従軍慰安婦について「女性たちは強制徴用され、彼女たちに対する行為は買春ではなく、連続レイプだった」と主張。「日本は事実をねじ曲げて恥をさらしている」と厳しく非難した。
 その上で、日本政府は率直に謝罪し、生存者に十分な補償金を支払うべきだと訴え、「恥ずべき過去を乗り越える第一歩は、事実を認めることと政治家は自覚すべきだ」と強調した。


また、オオニシらしいです(´-ω-`)

▼朝日社説3/6 「慰安婦」発言―いらぬ誤解を招くまい

 
旧日本軍による慰安婦問題をめぐって、安倍首相の発言が内外に波紋を広げている。

 首相は先週、記者団の質問に答えてこう述べた。「当初、定義されていた強制性を裏付ける証拠はなかった。定義が変わったことを前提に考えなければならない」

 これが米国などで「安倍首相、戦時中の日本による性奴隷を否定」「安倍首相、性奴隷に証拠なし」などと報じられた。韓国の宋旻淳外交通商相が不快感を示したりもした。

 だが、この解釈は行き過ぎていたようだ。きのうの参院予算委員会で民主党議員に真意をただされ、首相は何度も「政府の立場は河野談話に書いてある通りだ」と繰り返した。

 この問題についての日本政府の公式見解は、93年に出された河野官房長官談話である。旧日本軍が慰安所の設置などに関与し、「総じて本人たちの意思に反して行われた」と認めた。慰安所での生活について「強制的な状況の下での痛ましいものであった」としている。

 首相は就任直後に、この談話を受け継ぐと表明した。そのスタンスは何ら変わらない。誤解はやめてほしい。そう言いたいのだろう。

 首相には「強制性」について、こだわりがあるようだ。それが首相の発言をわかりにくくしている。

 女性を集めた業者らが事実上強制をするような「広義の強制性」はあったが、当局が人さらいのように連行するといった「狭義の強制性」はなかった。きのう、首相はそう説明した。

 だが、いわゆる従軍慰安婦の募集や移送、管理などを通じて、全体として強制性を認めるべき実態があったことは明らかだろう。河野談話もそうした認識に立っている。細かな定義や区別にことさらこだわるのは、日本を代表する立場の首相として潔い態度とは言えない。

 首相の一言が大きな波紋を呼んだのは、首相自身がかつて河野談話を批判する議員グループの先頭に立ってきた過去があるからだ。

 このグループは、いまも河野談話の修正を求めようと議論を進めている。米国の下院に、慰安婦の問題をめぐって首相の公式謝罪を要求する決議案が出されたことに反発しているようだ。

 政府は河野談話に基づいてアジア女性基金を発足させ、元慰安婦への償いの事業に民間と協力して取り組んできた。自民党が連立する村山政権の時からだ。

 以後、橋本龍太郎氏から小泉純一郎氏まで4代の自民党首相が「おわびの手紙」に署名し、元慰安婦に送ってきた。戦争で蹂躙(じゅうりん)してしまったアジア諸国との和解のために、官民が連携して積み上げてきた努力なのだ。

 首相は政権として方針を決めた以上、要らぬ誤解を招く発言は避けるべきだ。日本の信用にかかわりかねない。米議会に対しては、こうした首相の手紙などの取り組みを説明すればいいことだ。


放火犯の朝日新聞が何を言うか。
あんたらが信じた吉田清治の証言は吉田自身がフィクションだと認めているじゃないですか。そんな作り話を信じて散々嘘の記事を書いてきたくせに謝罪もせん。潔く自分たちの罪を認めろや( ゚Д゚)y─┛~~

まったく馬鹿馬鹿しい。
ロサンゼルス・タイムズは社説で天皇陛下に謝罪をなどとほざいていたようですが、そんなことさせられちゃあ、おとなしい日本人も本気で怒るわい。
日本の夜明けは近いぜよヽ(`Д´)ノプンプン
↑意味なく叫ぶ。

少し溜飲を下げる為に。

3月7日読売社説 [慰安婦問題]「核心をそらして議論するな」

 
いわゆる従軍慰安婦問題の核心は、官憲による「強制連行」があったかどうかだ。

 米下院外交委員会で慰安婦問題に関する対日決議案が審議されている。日本の軍隊が若い女性を「強制的に性的奴隷化した」歴史的な責任を明確に認め、日本の首相は謝罪すべきだ、という内容だ。

 日本軍が組織的に「慰安婦狩り」をしたかのように決めつけている。だが、日本政府の調査でも、これを裏付ける文書はない。歴史家の間でもこうした事実はなかった、というのが「定説」だ。この決議案を提出した議員らは、これらを覆すだけの確かな資料があるのか。

 安倍首相は国会で、決議案は「客観的事実に基づいていない」と語った。麻生外相も、同様の見解を示して「甚だ遺憾だ」と述べた。曲解に満ちた決議案である以上、政府は事実を正確に説明して、採択を阻止しなければならない。

 首相は、慰安婦の募集について、「狭義の意味の強制性を裏付ける証言はない」と強調した。「官憲が家に押し入り、人さらいのごとく連れて行く、『慰安婦狩り』のような強制的なもの」、つまり、官憲による強制連行はなかったということを明確にした。

 その一方で首相は、民間業者による、本人の意に反した「広義の強制性」があったことを認めた。だが、こうしたケースと、軍による強制連行とは、まったく違うものだ。

 「強制性」を拡大解釈し、核心をそらして非をならす一部のマスコミや国会議員らは、今後も内外に誤った認識を広げるだけだ。

 それにしても、この問題は、なぜ、何度も蒸し返されるのか。

 その最大の理由は、1993年、当時の河野洋平官房長官が発表した談話にある。それには、慰安婦の募集に「官憲等が直接これに加担した」などと、日本軍が強制連行したかのような記述がある。だが、これが裏付けのないまま書かれたことは、元官房副長官らの証言ではっきりしている。

 自民党の有志議員らは、談話のあいまいな表現が、誤解を生む原因になっているとして見直しを検討中だ。米下院の決議案は、「談話の内容を薄めたり、撤回したりする」ものとして、こうした動きをけん制している。しかし、不正確な談話を見直すのは当然のことだろう。

 河野談話を発表した背景には、韓国側の圧力を前に「強制連行」さえ認めれば問題を決着できるとみた甘さがあった。政府は米下院決議をめぐり、再び、外交上の失策を繰り返してはならない。


うむむ。まったく仰るとおりでございます(・w・

最後にとってつけたようで申し訳ないんですが。
『寺小坊主』さん。コメントありがとうございますヾ('ω'*)ノ
なにぶん、自身の体調管理がずさんで、貧血で倒れるという失態の後のコメントだったんで嬉しかったです(^^; まったり更新中ですが、お暇なときにでもまた、遊びにきてくだされ。

では、今日は以上です。
ここまでお読みいただきありがとうございました。
(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

弘子
2007年03月12日 06:08
日本軍は戦争に負けたので、今頃まで従軍慰安婦のことを責められている。官憲による強制的な慰安婦集めもあったし、軍の依頼を受けた業者が強引に慰安婦を集めたこともわかっている。日本政府の連中は本当に誠意のない凶悪犯罪人ばかりで、こういうことは今でも日本で日常的に行なわれている。日本政府の依頼を受けた金融業者や芸能会社が今では強制的に慰安婦を集めている。従軍慰安婦とは、軍というよりも日本政府の強制売春と言ったほうがいい。日本政府が暴力で脅して強制的に殺害した新井泉さんのこともあるように、殺害を強いたのが軍だろうが業者だろうが新井泉さんにとって人生をめちゃめちゃに破壊されたことに変わりはない。今でも非人道的なシステムに日本政府は深く関与しているし、その長期殺人システムに強制的に組み入れられた新井泉さんが悲惨で屈辱的な体験を強いられたのは昔と同じである。従軍慰安婦については、今後少なくとも千年間は日本政府は責められ非難され続けるであろう。
ウィル
2007年03月13日 00:51
こんちゃ。あちらのblogのH.Nに併せてウィルと名乗ります。(中身8乗りの人)

お互い歳何だから無理しないように。うちもほぼ一日2食モードやし、後そちらとは状況が一緒ではないので比べにくいですが。ビールとコーヒーは体のビタミン壊すから程々に。特に缶コーヒー飲むならば水筒に入れて持ち歩いた方がいいよ。ビールも週3缶位に。卵駄目なんだっけ。たしか。パンにマヨネーズ混ぜたツナも駄目。食べられるならばそういうにのを朝入れるだけでも。ほかにご飯炊くときに麦とか栄養がある混ぜもの混ぜるとかも。

何となく脚気気味な感じがします(白飯ばかりはなる。歴史物好きだから後は言わなくても大丈夫だろうが)

大変だろうけどなんかの時旨いものでも行こうや。

この記事へのトラックバック