お散歩日記。浜松町編④

さて、続きです(´ω`)

食事をすませて増上寺境内へ。
水盤舎で手を清めて、参道から大殿前に至る18段の階段を登る。これは、阿弥陀仏の本願、第18願をあらわしているそうです。

阿弥陀仏の本願、第18願とは何か?

浄土宗の根本聖典とされる『康僧鎧訳』の『無量寿経』では48願あります。そのすべての願の詳細は省きますが、そのうちの第18願を紹介します。

『至心信楽の願、念仏往生の願、選択本願、本願三心の願』

浄土宗での本当の意味での「苦」の解決は、衆生が仏になることですべて解決されると考えられており、よって18願の念仏往生の願が中心の願、本願であるとされる。

18段の階段を登ると次に待っているのは、大殿に登る25段の階段です。これは、25菩薩をあらわしているそうです。

来迎形式の阿弥陀如来は25菩薩(観音、勢至、薬王、薬上等の25菩薩)を従えるとされています。

画像


ご本堂に入ると丁度ご回向の最中でした。
しばらく読経を聞いた後、ご本尊阿弥陀如来さまに手を合わせてご本堂をあとにする。

しばらくあちこちを見て回る。

画像


め組供養碑なんてのもあるんですね。め組というと、TV朝日で放送されていた暴れん坊将軍を思い出しちゃったりしますが(^^;

暴れん坊将軍といえば徳川吉宗ですが、ここには徳川将軍家墓所もあります。

画像


前回紹介した猫さんたちは、この墓所と安国殿の周辺で出会った猫さんたちです。
おばさんが、甲斐甲斐しくお世話しておられました。


さて。今回で浜松町編は終わりです。次は渋谷に移動します。その模様はまた後日。
あと何回続くんだろうなぁ(゜∞゜)y-゜゜

(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック