デジカメ買って靖国神社と千鳥ケ淵墓苑を撮影してきました。

眼が! 眼の調子が相変わらず不調ですが何か?Σ(´д`;*)

ブログを書くのも一苦労だな。まったく。文字が見えにくいったらありゃしない。そのため、誤字脱字が多々あるやもしれませんが、何卒ご容赦を・・・。

眼、といえば、今の仕事をどうしようかと真剣に悩んでいる。というのも、外回りの仕事で日常的に車を運転するのだが、このところ、運転をするのが怖いのだ。眼がかすむ、ぼやける、といった症状がたまにでて、前を走る車との距離感があやふやになるときが何度かあったからだ。ただの寝不足や疲れとも考えられるが・・・。

今、視力どのくらいあるんだろうか。1度、病院に行って検査してもらったほうが、本当に良さそうだなぁ・・・。14のころは両目とも2.0あったのに。歳はとりたくないものだ。

しゃてさて(=・ェ・=)

今日は、秋葉原を散歩してきたよ(´ω`)

早起きしてW杯の3位決定戦見た後、洗濯やらなんやかんだやってたら、寝るのがもったいない時間になっちゃったので、秋葉原に行ってみました。
用事はあったんです。不調のマウスの買い替え、電子レンジの価格調査、涼宮ハルヒの憂鬱のCDを買う。これらの用事をいっぺんに済ませるために、秋葉原は都合がいい。

午前中、まだ涼しい時間帯に、ぶらぶら歩いていたら、ふと、デジカメが目に入りましてね。手にとって見ていたら、店長さんが声かけてきまして、冗談で値引き交渉していたら、なんと5000円も値段を引いてくれるとのこと。まあ、うちが、ふっかけたんですがね(^^; 店長の男気につい、
「よっしゃ、買ったるわい」
なんて言っちゃって・・・。
2万円でデジカメ買ってしまった_/ ̄|○
オリンパスの600万画素の商品だが、そもそも、このデジカメが2万円は安いのだろうか、それとも高いのだろうか。

最近、カメラつき携帯を買って、たまに写真撮ったりしていたら、どうにもこうにも、元光画部の血が騒いでいたのは確かで、それが衝動買いの原動力になったんだろう。携帯だと、どうしても画面は小さいし、画素数が少なくて綺麗にとれないから不満に思っていたところだ。

さて・・・。

デジカメを買ったあと、秋葉原を徘徊する。

なんだろ。メイドさんやキャンガルがちらしを配っているのは日常のありふれた光景だ。ヲタさんが生き生きと歩いているのもここでは普通だ。そんな通常営業の秋葉原ではあるが、明らかな異変を感じた。

CDやDVD、同人誌やアニメグッズを扱う店などから、『涼宮ハルヒの憂鬱」の歌が聞こえてくるわ、店頭ディスプレイではハルヒのDVDが流れているわ・・・。さらには、ヲタさん数人組みがが、”冒険でしょでしょ?”を歌いながらの大行進ときたもんだ。

うちは、閉鎖空間に迷い込んでしまったのか?

と。ハルヒを分からない人にはさっぱりな内容だな。すまぬ。

お昼になり、「普通」の喫茶店へ入りました。メイドさんなんていない「普通」の喫茶店です。そこで、ツナサンドとアイスコーヒーでお昼ご飯にして、食べながらデジカメをいじっていました。これまで特に興味があったわけじゃないんですが、いざ、手に入れていじってみると、なんかわくわくしますね(^^;
バッテリーは初期の段階でわずかながらあったので、折角だし、どこぞへくりだして撮影してみようかな、と思っていると、「普通」の喫茶店にヲタさんのパーティーが入ってきました。いや。別に「普通」の喫茶店に来るなとは言ってない。が、しかしだ・・・。

ヲタさんのパーティーがなんでだかうちの席の後ろの席にどかどかと座って、ヲタ的話題でわいわいと盛り上がっているじゃありませんか Σ(´Д`lll)

うちの静かなお昼の時間が(´・ω・`)

さらに・・・。

「ハレ晴れユカイ」を歌いはじめてさらにエキサイト Σ(´Д`lll)

店内にはうちしかお客さんがいないので、迷惑するのはうちだけですが・・・。抗議しようかとも思ったんですが、食事も終わっているし、後のことは店員さんに任せるとして、店を出てきました( ´Д`)

やはり、閉鎖空間か?

歌いたい気持ちも分かる。飲み屋で歌うのは許そう。だが、静かな喫茶店で歌うのは非常識だぞ。これも、若さか・・・(´・ω・`)

まあいいや。

撮影会です。

どこを撮影しようかな・・・。

そういえば・・・。

前々回の記事「小沢はシナに泣きつきに行ったのかな(´ω`) 」の中で、

「靖国神社は常に参拝客がいる。老若男女、はては外国人も参拝に訪れているが、一方の千鳥ケ淵墓苑は閑散としたものだ。」

と書きましたが、文章だけでは説得力に乏しい。秋葉原から九段下は目と鼻の距離ですし。

なので、急遽、レッツ靖国Σ(´д`;*)

画像


なにやら親子の集い?みたいなイベントごとをやっていましたが、靖国神社はいつもこのくらいの人はいます。
靖国神社でちょっと感心した(偉そうだな・・・)出来事がありました。子供が境内の砂利を蹴って遊んでいたら、若いお母さんが烈火のごとく怒り出しました。
「神社でそんな悪ふざけはしちゃダメでしょ!」
うちなんかは、子供のころ、神社で遊んでいたので、悪ふざけし放題でしたが・・・(^^;
でも、お母さんの仰ることはごもっともです。静かに手を合わせるとこだものね。実は、写真をとるのも、ちょっと嫌でした。
靖国へ馬鹿なことをいう、政治家、財界人、知識人、マスコミなどは、このお母さん以下の知識しかないんだろうな。

靖国神社で参拝を終えて。
ついでにといえば、失礼にあたるが、折角なんで。

画像


遊就館すぐ脇にあるパール氏の顕彰費です。パール氏は”東京裁判”で”いわゆる”A級戦犯に対し、全員無罪の判決を下したインドの法学者です。
パール氏は、なにも日本に同情したのではなく、法律の観点から公正に判決を下しました。『事後法』で人を裁けないことくらい、法律家なら当然知っていなければならないことでしょうしね。

さて、実証ということで、次はレッツ千鳥ケ淵墓苑ですΣ(´д`;*)

の前に。

画像


ねこさんにご挨拶ですo(^・x・^)o ミャァ♪

眠いから放っておいてほしいにゃあ~と言われちゃいました。がっかり(´・ω・`)

で。到着ですΣ(´д`;*)

画像


墓苑の中心である六角堂です。ここには、昭和天皇下賜の納骨壷が入っている陶棺が据えられています。
ご覧の通り、閑散としたもんです(画面右に見える人の群れは、お掃除の方々です)

靖国神社は神道であり宗教施設ですが、ここは、特定の宗教にとらわれないことが基本方針として建設された、いわば無宗教の施設です。無宗教の施設なので、慰霊行事は人それぞれにまかされます。うちは、献花をし手を合わせてくるだけです。
靖国神社と千鳥ケ淵墓苑を比べた時、日本人の心の奥底に潜む宗教心に気がつくはずです。その宗教心とは、意識しないところで我々日本人の行動様式に深く影響を及ぼしています。他国の干渉に屈して分祀だの参拝しないだの言うのは、日本人が日本人たる所以を捨てる行為にも等しいでしょう。

そうそう。
写真撮影時、人が居ないときを狙ったわけじゃありません。うちがついたとき、慰霊を終えて帰るご婦人方とすれ違いました。ただ、そこで写真撮影してしまうと、顔は映りこんじゃうので通り過ぎるのを待って、シャッターをきりました。
墓苑でうちが確認した人数は6人程度。

画像


ほらね。人いるっしょ?(^^;
丁度タイミングよく、ラッパ隊(?)と遭遇。ラッパを吹いて六角堂近くまで横に並んで行進し、
六角堂手前で隊列は止まり、一礼して回れ右。これも慰霊行事の一環ですかね。

そんな日曜日でした。

デジカメを買ったので、今後、うちのお散歩日記がより充実するものになると思うので、ご期待ください(^^;

ではでは。

(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック