(=・ェ・=)325匹 マスコミをどの程度信頼してますか?(´ω`)

御機嫌よう。リリーさんです。
記事を1本あげるのに一週間以上かかっています。最近、筆が重い。困ったもんです(´-ω-`)

さて、ちょい前の話題。
東武鉄道の30歳代の運転士が3歳の長男を運転室に入れたまま運転を続けた問題で、「解雇方針は厳しすぎる」などの意見が2000件近く同社に寄せられているってニュースはご存知でしょうか?

わたしは、厳しいという批判はまったくの的外れであり、感情的であるように思います。

もしも、子供が運転席でいたずらをして重大な事故を起こしたらどうします? 電車のような公共の交通手段は、あくまでも安全性を確保しなければなりません。そのためには、たとえ不安要因が低いものでも排除し、安全性の向上を図るのは当然です。東武鉄道の処置は適切であり、当然の結果でしょう。社会人なら、ましてや大勢の人間の命を預かる仕事をしてるならば、公私の区別はきちんつつけないとあかんでしょう。

それと、この事件って乗客の通報で明るみに出たんですよね。
なんか、暗い。その場で子供を叱り付ける乗客はいなかったんでしょうか。その場で子供を叱っていれば、こんな問題も起きなかったんじゃないかな。それを後からになってチクルのって、暗いな、って思いますよ。

さてと。
先日お友達に聞かれたことの回答みたいなのを書こうかなと思います。

友達に聞かれた事。情報ってTVや新聞から集めるの? と聞かれました。確かこんな感じ。
その時、わたしは、あんまりTVや新聞に頼り過ぎないように、と忠告をしました。その理由をちこっと書こうと思います。

あなたが、ネットで個人が書いた記事を読むとき、何を考えて読んでいますか? 2ちゃんねるを閲覧する人は何を考えて閲覧していますか? おそらく、この人の主義主張は的を射ているのか、この書き込みは本当か、などある程度疑いの目を持って接していると思われます。
では、なぜ疑うのかを考えてみると、あくまでも個人の主義主張であり、素人の主張だから、という理由からだと思われます。
事実、2ちゃんねるにしても、数多くある政治・経済系ブログは玉石混合ですから。
しかし、不思議なことにTVや新聞を疑ったり穿った見方をする人は少ない。それはなぜか。組織でありプロであるから、間違った情報は流さないだろう、という思い込みが先行しているためだと思います。
ですが、TVにしても新聞にしても、2ちゃんねるや個人ブログと同じ、「人間の手で作られている」ということに変わりありません。公共の報道はあくまで中立かつ正確に伝えなければなりませんが、しかし、人間の手を経ている以上、その組織、個人の思想というフィルターを通って、配信されます。
つまり、完全に主義主張を排除した中立な報道は存在しない、と考えられます。
人間の手を経ているのですから、TVも新聞も2ちゃんねるや個人ブログと同じように、ある程度疑いをかけて見なければなりません。常々繰り返してますが、疑い調べ知識を持つことが、情報社会と呼ばれて久しい現代を生き抜く手段です。
疑わなければならないのは、悲しいことですがね(;・∀・)

なんてことを書いていたら、ネタが舞い込んできました。

TBS系の報道番組、筑紫哲也のNEWS23でどうやら印象操作があったそうです。

23日の放送でしたかね。「ブログと報道」をテーマに鳥越俊太郎氏と時事通信の湯川鶴章さんを呼んでの特集番組が放送されました。
この特集の内容ですが、要約すると、テレビや新聞はプロの仕事であって、ゆえに信頼できるが、ブログはどこの誰かも分からない、素人が発信する情報であって、ゆえに信頼出来るのかどうか怪しいものである、といった内容でした。
筑紫さんをはじめ、その場に居た3人はマスメディアに関わる仕事をしている人たちです。現場の人間がいくら信頼できると言っても、説得力はあまりないでしょう。そこで、テレビや新聞が信頼できる裏づけとして持ち出したのが、米国ギャラップ社のアンケート調査でした。2005年5月に実施された調査結果によると、テレビ、新聞ともに75%に近い人間が信頼をしている、とのことです。
これをもって、既存のマスメディアは信頼できる、というのがNEWS23の主張です。

しかし、ギャロップ社では、今年9月にマスメディアの信頼度調査を実施しています。
その結果は、約半数の人が信頼しているとのことでした。
同年の5月と9月でこれだけ信頼度に差があることに疑問を感じるでしょう。
そこで、ギャロップ社のデーターベースを調べてみようとしましたが、会員にならないとダメみたいです。仕方なく、日本のいろいろなブログを回ってみた結果、どうやら5月の調査結果が存在しているのか疑わしいらしい。
ギャロップ社では、アメリカのメディア信頼度を最近は毎年9月に調査しているようで、1997年以降は50~55%前後で推移しており、70%台となると、なんと1972年まで遡らなければ出てこない数字とのことです。
近年の平均が50%なのに対してNEWS23では何故か75%に跳ね上がっている。しかも、9月に出された最新版ではなく、存在が疑わしい、もしくは存在したとしてもどのような手法で調査をしたのか疑問が残る調査結果を持ち出して、ブログと既存のマスメディアを比較したとき、既存のマスメディアはまだこれだけの信頼を誇っている、と言う。
しかし、その根拠となる調査結果にこれだけの疑念を持たざるを得ないデータを持ち出すとは、自分たちで墓穴を掘っているように思えて、思わず笑ってしまいます。

この特集の裏にあるのは情報操作、印象操作、世論誘導を目的としているのかもしれません。証拠はないし断言はできませんが、テレビしか見ない人間はやっぱりブログって信頼出来ないんだ、と思う人が出てきてもおかしくないでしょう。
こうした悪質な報道に対して問題点を指摘する、報道側がなんらかの意図を持って報道しない情報を補完、発信する、つまりは、マスメディアを監視するのがブログの役割じゃないでしょうか。

さて、テレビがこのありさまですから、新聞だけは信頼したいと思っても、残念ながら信頼しすぎるのは誤った情報を信じることになってしまう可能性があります。

たとえば、先日のこのニュース。

工場爆発の余波、中国ハルビン市で水道停止…住民混乱

国吉林省吉林市で13日起きた石油化学工場の大規模爆発事故で、隣接する黒竜江省の省都ハルビン市(人口約970万人)が22日から、事故で流出した化学薬品による水源汚染の可能性などを理由に、市全域で水道水の供給を緊急停止し、市民がパニックに陥る騒ぎとなっている。

 新華社電によると、市当局は21日、4日間の水道停止を突然発表。22日時点で汚染は未確認だが、市の水源である松花江の支流に大量の化学物質が流れ込んだ恐れがあるという。

 市は各機関に対し、「可能な限りの水備蓄」を指示。一方、市民は買いだめに走り、ペットボトル飲用水の値段が通常の3倍以上に高騰している。さらに「近く大地震が発生する」とのデマが広く流布され、
混乱に拍車をかけている。
 本紙の取材に対し、市内の大学病院当局者は「約1000トンの水備蓄があるが、2日間の突貫工事で井戸を掘る」と語り、ある中学校も「学校で必要な水は井戸水で対応する」と話した。

(2005年11月23日12時6分 読売新聞)

読売新聞では混乱が起きている、と報道しているが、これが朝日新聞になると。

汚染水流、水源近くに到着 中国・ハルビン

 中国黒竜江省ハルビン市で水源である松花江の水質汚染の恐れから水道水の供給が停止されたことを受け、中国政府は24日、汚染水流が水源近くに到達したと発表した。また外務省の劉建超(リウ・チエンチャオ)副報道局長は24日、同省に隣接し、松花江の下流が流れるロシアに汚染状況を通達したことを明らかにした。

 現地からの情報によると、大きな混乱は伝えられていない。

(2005年11月24日19時49分 朝日新聞)

同じ事柄を報じているのに書いてあることがまったく食い違っていることに気づくでしょう。
読売では混乱があるといい、朝日では混乱はないという。
他紙でも混乱があるとしているところからも、読売側が真実で朝日側は何らかの意図を持って情報の隠蔽を図ったものと考えられます。
そもそも、朝日新聞は、知る人ぞ知る左寄りの新聞社で、中国や朝鮮半島のことを悪く書くことはほとんどありません。そのことを知っていれば朝日が言う混乱は無い、という情報に疑問を持つかもしれませんね。

情報を1つに頼るのではなく、いくつものチャンネルを駆使することも大切です。
ネットであれば、新聞社大手4紙の報道内容を見る事が出来ますし、ちょっと疑問に思ったことなどは、検索してみればいい。そうやって情報を集める事によって、あなたのマスコミを見る目も変わってくるでしょう。

こんなんでどうでしょうか。いおチン。

ところで、先日小1女児が殺害されるといういたましい事件がありました。1日も早い解決を願ってやみません。
こういう事件があると、テレビなんかは決まってマイクを同級生に向けるもんですが、アレ、残酷だよね。級友が亡くなって大きなショックを受けている子供の心に塩を塗る行為だよ。ああいう映像を見ていると頭に来るのはわたしだけですかね。
かくいうわたしも似たような経験があって、わたしが通っていた学校で殺人事件があって、どこから聞きつけたのかすぐに報道陣がつめかけてきて、わたしもレポーターにマイク向けられたことあるんですが、本当に邪魔だった。泣いている子供にも容赦なしだもの。わたしがテレビの報道をあんまり好きじゃない、信頼してないのは、こういう経験があるからなのかもしれません。

それでは。今回はここまで。
ちなみに秋競馬は連敗中です(`・ω・´)
では、また次回の日記でお会いしましょう。
βyё βyё...φ(・ω・ )
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック