櫻華改方長官乃憂鬱

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国議員団が竹島上陸。これは日本に対する侵略行為です。

<<   作成日時 : 2016/08/15 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国議員団が竹島上陸 日本の抗議を黙殺し…

産経新聞 8月15日(月)9時10分配信

 【ソウル=名村隆寛】韓国の与党セヌリ党の羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)(ナギョンウォン)議員ら超党派の国会議員団が、日本の朝鮮半島統治の終結を記念する「光復節」の15日午前、竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した。議員団の一人が自身のフェイスブックで明らかにした。

 日本政府からの強い抗議にもかかわらず、韓国政府は議員らの行動を黙認した形だ。竹島上陸が強行されたことで、慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行で改善の兆しが見え始めた日韓関係に影響する可能性がある。

 竹島に上陸したのは、羅議員を団長とする「国会独島(ドクト)(竹島の韓国での呼称)訪問団」の計10人。同党議員を中心に国内では対立関係にある最大野党「共に民主党」や第2野党「国民の党」の議員も参加している。


日本の主権に対する重大な侵害行為であり、不法に入国した連中が国を代表する議員団だとすれば、これはもう日本に対する宣戦布告だろう。

ここまでやられてもまだ日本は「遺憾である」だけで済ませるつもりか?
そうした政府の弱腰な態度が問題をこれほどまでに深刻化させてしまったのだ。

政治的な駆け引きやアメリカの顔色などもあるのだろうが、ならば問いたい。
我々日本人はいつまで我慢しなければならないのか?

慰安婦問題に対する10億円の支払いも即刻中止すべきだ。
慰安婦になったのは朝鮮人だけではない。日本人もいたのだ。朝鮮人に支払うのなら政府はまず日本人慰安婦にも支払わないければならない。
なぜ、朝鮮人だけを優遇する?
日本の政治家は日本人には我慢を要求して朝鮮人を優遇するのか?
お前だちはどこの国の政治家だ。

日韓スワップの交渉にも今後一切応じる必要はない。
スワップは連中に対しての経済支援であって、日本にはデメリットしかない。
困った時にだけすり寄ってきて金をだせというような連中など、相手にする必要はもうない。

そして在日朝鮮人の問題だ。
彼らは日本人の温情によってこの国に何世代にもわたって暮らす事が出来ている。
しかし、彼らの母国、南北朝鮮の日本に対する一連の言動は、友好国とは到底言えるものではなく、『敵国』と認識せざるを得ない。
在日朝鮮人はその敵国勢力であると残念ながら思わなければならない。有事の際、敵国のスパイとして様々な活動をする恐れがる。安全保障上、日本国内に在日朝鮮人を滞在させておくわけにはいかない。
彼ら在日の中には日本が大嫌いな連中が少なからずいる。これをいい機会に全員強制的に朝鮮へ送還すべきだ。

連中とは今後一切関わらないのが日本の為であるが、残念ながらすぐ隣という地理的条件がある以上、何かしらの関わりが生まれてくる。
これまでのような弱腰の態度ではなく、主権を持った独立国としての態度に改めていかなければならない。
今回、竹島に不法に上陸した連中は今後日本国内の入国を禁止し、犯罪人として日本へ引き渡しを要求すべきである。政府が少なくてもここまでやらなければ現状はますます悪化するだけだ。


日本ばかりが耐えて大人の対応をいくらしたところで、相手が子供なら余計つけあがりわがままにさせるだけである。日本は大人として『叱るべき時は叱る』勇気と覚悟を持たなければならない。

こうしたニュースはマスコミではどのくらい扱うのだろうか。
閣僚のだれだれが靖国神社に参拝した!これに対する中国と韓国の反応は!
またそういう報道ばかりになるのだろうか。
靖国神社に参拝しない安倍総理は何を考えているんだ!
そう報道出来るマスコミがおらず、中韓の顔色を伺う報道ばかりでは、未来に禍根を残すばかりだと言う事に、いい加減気がついてもらいたい。


政治 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国議員団が竹島上陸。これは日本に対する侵略行為です。 櫻華改方長官乃憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる