櫻華改方長官乃憂鬱

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝!平和安全法制、特別委で可決!!

<<   作成日時 : 2015/09/17 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

安保法案特別委で可決 自民、公明など賛成多数 鴻池委員長解任否決の直後に採決

産経新聞 9月17日(木)16時40分配信

安保法案特別委で可決 自民、公明など賛成多数 鴻池委員長解任否決の直後に採決

参院平和安全法制特別委員会で可決された安保法案。鴻池祥肇委員長に詰め寄る野党議員ら=17日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は17日午後、参院平和安全法制特別委員会で与党などの賛成多数で可決された。与党は18日までの本会議可決・成立を目指すが、民主党など野党は内閣不信任決議案や閣僚の問責決議案などを提出し、徹底抗戦する構えだ。

 特別委は17日午前、鴻池祥肇委員長が開会を宣言し、締めくくり総括質疑を行おうとしたが、民主党が鴻池氏の不信任動議を提出して抵抗した。午後の特別委で動議が否決された直後、鴻池氏が質疑打ち切りを宣言。安保法案の採決に踏みきり、自民、公明両党と次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の賛成多数で可決した。

 与党は同日中にも、本会議に緊急上程して成立を図る構え。公明党の山口那津男代表は党中央幹事会で「いよいよ参院で結論を出すときが迫った」と述べた。

 与党は16日夜に特別委で安倍晋三首相が出席して締めくくり質疑を行って質疑を終結し、採決する日程を描いていた。ただ、野党側が開会に反対してこの日は委員会は行われなかった。

 法案は自衛隊法や武力攻撃事態法など10本の改正案を一括した「平和安全法制整備法案」と、他国軍の後方支援を随時可能にする新法「国際平和支援法案」の2本。米国など「密接な関係にある他国」に対する武力攻撃が発生した場合に「存立危機事態」と認定されれば、集団的自衛権の行使を可能にする。


馬鹿な連中の妨害に屈することなく無事可決の運びとなった。日本が普通の国への第一歩を踏みだした記念すべき日となった。
自民党の暴挙だなどと言うが、一連の野党の対応を見ているとお前たちの方が民主主義への反乱者であり、無法者である。
報道も問題だらけだった。反対派の意見ばかりを取り上げて賛成の意見は報道しない。ここぞとばかりに報道しない自由を行使した。報道が国民を代弁するかのように反対ばかり唱え、それが国民の総意だからと言って野党は反対ばかりを叫んでいた。このような不健全な状況では国民の理解は全く深まらない。なんか報道で戦争法案だって言っているしなんとなく反対かなという、ふわりとした世論に過ぎない。だが、多くの国民は支那への脅威をなんとなく感じている。戦争はしたくない。でも周辺がきな臭い。戦争が起きない為にはどうしたらいいんだろう。多くの国民は疑問を抱いているのではないだろうか?
それに対して与党は具体案を示して見せた。これは政治家として果たすべき責任である。一方の野党は、感情論ばかりで、じゃあどうするの? いざという時に武力を行使しないで平和を維持するにはどうすればいいの? こうした疑問に一切答えることが出来なかった。
9条がある! と答えるかもしれないが、そんな条文、非常時に役に立たないと言う事は、まともな人間なら説明せずとも理解できるはずだ。

賛成の意見もあれば反対の意見もある。当然の事だ。議論をし多数で決するのが民主主義である。
国民は自分たちの意見を選挙を通して議員に託す。国民に選ばれた議員がすべきことは、国会前のデモに参加して騒ぐことではなく、バリケートを築いて審議拒否をする事でもない。
政治信念もなく、与党がやる事はどんな事でもとにかく反対だという議員など必要ないのだ。
野党のバカども。こんな茶番こそ時間のカネと無駄というものだ。いい加減にしろ!


政治 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝!平和安全法制、特別委で可決!! 櫻華改方長官乃憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる