櫻華改方長官乃憂鬱

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳩山由紀夫がクリミアを訪問。他人事の民主党には呆れるばかりだ。

<<   作成日時 : 2015/03/12 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「普天間移設反対に協力を」 鳩山氏、クリミア住民に呼び掛け

 鳩山由紀夫元首相は11日、訪問先のウクライナ南部クリミアでの記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場の県内移設に反対する立場を重ねて表明した上で、クリミア住民に向け「沖縄にこれ以上米軍基地を造らせないよう協力してほしい」と呼び掛けた。

 鳩山氏は「日本政府は強引に名護市辺野古を埋め立てようとし、沖縄県民と政府が感情的に対立した状況になっている」と強調。政府が埋め立て工事に着手すれば「流血の騒ぎになる可能性がある」と指摘した。

 クリミア半島内にはロシア黒海艦隊の司令部があるほか、各地に大規模な基地がある。(共同)


鳩山はどこまで国家・国民に迷惑をかければ気が済むのか。
鳩山は元議員というだけの肩書ではない。かつては日本の総理を務めた人間?だ。
過去の事とはいえ、”日本の元総理大臣”という影響力を背負っている。
世界に向けて誤ったメッセージを送りかねない。
ましてやロシアで上記のような発言をするとは常軌を逸した振る舞いだ。
これでは日米離間の為に働くロシアの小間使いだ。二度と日本の土を踏んでほしくない。

民主党はといえば、鳩山のクリミア訪問に対して他人事のような態度であった。


民主・枝野氏、クリミア訪問計画の鳩山元首相を「元自民」と突き放し 「今は民主にも属していない」


鳩山由紀夫元首相 民主党の枝野幸男幹事長は6日、鳩山由紀夫元首相がウクライナ南部クリミア半島への訪問を計画していることに関し「その方は元自民党の議員でもあり、元民主党の議員でもある。今は少なくとも民主党に属している方ではない」と述べ、不快感をあらわにした。国会内で記者団に語った。

 ロシアは昨年3月、クリミア半島の併合を一方的に宣言したが、日本を含め先進7カ国(G7)は承認していない。政府は鳩山氏に訪問を自粛するよう求めている。

 鳩山氏は自民党、新党さきがけを経て、民主党を創設。平成21年の政権交代直後に首相を務めた。24年の衆院選には出馬せず、民主党も離党した。

 枝野氏は「鳩山氏に話を聞かないのか」との記者団の質問に対し「話を聞く立場でもない」と鳩山氏を突き放した。別の党幹部も「ロシアに思い入れがあるのかもしれないが、控えてほしい」と困惑気味に語った。


これだから民主党はダメなのだ。再建はもう無理だろう。絶対に。
鳩山を総理に担ぎ上げたのは他でもない、民主党だ。
鳩山に元総理の肩書を与えた責任が民主党にはある。それをうちは関係ないと突き放して知らん顔するから、国民が困惑し不快に感じるのだ。

鳩山さんはかつて自民党に所属していたとはいえ、総理大臣にした責任は我々民主党にある。党として正式に強い非難を表明する。自民党とも連携し鳩山さんに抗議を続けていく所存である。

このくらい言えれば党内バラバラでまとまらなかった民主党の印象も多少は良くなったかもしれない。

少し前に、民主党は安倍総理をはじめとする自民党に対して、企業からの献金を問題にして追及するキャンペーンを展開していた。安倍内閣に対してダーティーなイメージを植え付けて民主党に少しでもいい風を吹かせようという作戦だったのかもしれないが、結果はお決まりのブーメランが見事に炸裂して終わった。

枝野氏、岡田代表への補助金決定企業からの献金「違法性なし」


 民主党の枝野幸男幹事長は3日、同党の岡田克也代表が代表を務める政党支部に国の補助金交付が決定した会社から政治献金があったことについて、違法性はないとの認識を示した。国会内で記者団に語った。

 岡田氏側は、平成23、24年に「日清製粉グループ」から各24万円の献金を受けていた。同社の子会社「日清製粉」は両年の各4月、小麦の安定供給のための農林水産省の「食料麦備蓄対策事業」で各15億円の補助金交付が決定していた。政治資金規正法は補助金決定から1年以内の献金を禁止している。

 枝野氏は、補助金を受けた会社と献金先の会社について「別法人だ」と強調。補助金を受けた事業が「利益を生まない」とも述べ、政治資金規正法で規定した献金禁止の例外に該当するとの認識を示した。

 岡田氏は網膜剥離(はくり)の手術で2月26日に入院。今月2日に退院し、週内の復帰を目指して自宅で静養している。


外に厳しく身内に甘く。これでは何を言っても説得力が伴わない。

政治家に潔白性を求める事が間違っている。
情報を集める為には要所要所にカネを撒いておかなければならないし、人を動かすにもカネがいる。
政治家として実績を重ねようと思えば、表には出せないようなカネも必要になってくる。
ほとんどの議員はグレーゾーンにいる。これくらいの事は国民は分かっている。
違法スレスレであっても、日本の国益の為に働いて大勢の国民に恩恵があれば文句はない。
しかし、国益を害するような議員だったとしても、そんな議員を選んでしまった国民にも責任がある。
その議員が本当に国家国民の為に働いてくれるのか。重要なのはここである。

民主党のように献金問題でポイントを稼ごうとしても、自分たちも議員なのだから問題は自分たちの所にも戻ってくる。そんな初歩的な事にも気がつかないから、民主党の支持率は一向に回復しない。
安倍内閣の支持率が高い水準を維持しているのは、野党がピリッとしていない事にもよるだろう。

自分たちに不都合があっても責任を取らず、ただ相手の粗を探すだけ。野党のお仕事は子供にだって出来る。
安倍内閣はまだまだ安泰のようだ。


政治 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳩山由紀夫がクリミアを訪問。他人事の民主党には呆れるばかりだ。 櫻華改方長官乃憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる