櫻華改方長官乃憂鬱

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ヘイトスピーチ」規制 民主が独自法案

<<   作成日時 : 2014/11/06 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ヘイトスピーチ」規制 民主が独自法案

民主党は、「ヘイトスピーチ」と呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動を規制する独自の法案をまとめ、ほかの野党にも賛同を呼びかけたうえで、今の国会に提出する方針を固めました。

ヘイトスピーチを巡っては、ことし8月、国連の人種差別撤廃委員会が、日本政府に法律で規制するよう勧告し、地方議会などからも、国に、規制や対策を求める動きが出ています。
こうしたなか、民主党は、人権擁護の姿勢を強く打ち出すべきだとして、ヘイトスピーチなどを規制する独自の法案を取りまとめました。
この法案には罰則規定はありませんが、民族の違いなどを理由にした侮辱や嫌がらせなどの差別的な言動を禁止し、国に差別を防止するための基本方針を定めることを義務づけています。
また、国と地方自治体が差別に関わるトラブルを防止するため、相談体制の整備や啓発活動などに努めるほか、国が差別の実態を把握するための全国調査を行うことも求めています。
民主党は、維新の党などほかの野党にも賛同を呼びかけたうえで、今の国会に法案を提出する方針で、政府・与党側に先駆けた動きによって、安倍政権に規制に向けた早急な対応を迫る考えです。

ソース(NHKニュース)


ニュースソースには書かれていないが、民主党が提出したこの法案は、在特会のデモをターゲットにしたものだろう。
ようは、民主党は、朝鮮人に対するデモを止めろと言いたいわけだ。

今の日本において、所謂ヘイトスピーチと言えば、朝鮮人に向けた差別用語という定義が当てはまるかもしれない。では、なぜ多くの日本人が朝鮮人に対して憎悪をむき出しにするのか。それは、朝鮮において日の丸が燃やされたり、保守的な政治家の写真を踏みつけられたりといった、ヘイトアクションが常態化しているからだろう。テレビのニュースでヒステリックに叫びながら日本を誹謗中傷し、それだけでは飽き足らず日の丸や写真を燃やす朝鮮人の姿を見て、多くの日本人は嫌悪感を覚えるはずだ。その中から声をあげる人も出てきた。朝鮮人全てに対する誹謗中傷はやり過ぎであり、在特会の活動を全面的に支持する気はないが、在特会はそうした人たちの受け皿としての役目も持っているのだろう。
在特会のデモには毎回多くの人が参加する事からみても、潜在的な朝鮮人に対する嫌悪感は広く深く日本社会に浸透していっていると思える。こうした空気は在日にはたまらないものがあるだろう。民主党のこの法案は、そうした在日に向けた救済法案にしか思えない。

なぜ朝鮮人をターゲットにしたデモが繰り返されるのか。なぜ日本の社会は急激に反朝鮮へ向かったのか。
この事をよく考えもせず新たな法を作り規制をかけるのは言論の弾圧に繋がりかねない。規制をするにしても、今の法律の枠内で十分事足りるだろう。
在日の要請を受けて新たな法律を作るより、彼らに、自分たちの母国のヘイトアクションを止めさせる事が早期に問題を解決する有効な手段であると教えるのが先であろう。


ヘイトスピーチ:韓国での実態など調査求める 自民党PT

毎日新聞 2014年11月04日 20時34分

 自民党の「ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム」(平沢勝栄座長)は4日、韓国での対日ヘイトスピーチの実態や韓国政府による規制の検討状況を調査するよう関係省庁に求めた。韓国政府に対日ヘイトスピーチ対策を促す狙いとみられ、平沢氏は会合後、「(韓国側が)自分のことを棚に上げて日本にだけ(批判を)言うのは理屈に合わない」と記者団に語った。


こうした自民党の動きは歓迎する。
左陣営からは、自民党のやり方は在特会やネトウヨと同じだ、などと言った批判が上がっているようだ。
自分たちの主張の矛盾に気がつかないのか。日本人が朝鮮人を悪く言えばたちまち反応をするのに、朝鮮人が日本人を悪く言っても知らんぷりだ。これでは彼らの主張を信用するわけにはいかない。

ヘイトスピーチという言葉は、朝鮮人たちが日本人を差別する為の隠れ蓑に使われる言葉である。この定義が広く社会に広まる事を願う。


政治 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ヘイトスピーチ」規制 民主が独自法案 櫻華改方長官乃憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる