櫻華改方長官乃憂鬱

アクセスカウンタ

zoom RSS 塩屋埼再訪。

<<   作成日時 : 2013/03/10 14:35   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

※一項前と合わせてご覧頂ければ幸いです。
出来る事

「この物語は平凡なおっさんの一人旅の模様をを淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。」

震災復興が進んでいない地域を訪れて、

「復興が遅々として進んでいない!政府は何をやっているの!!!」

と、非難轟々、叫ぶのは簡単である。しかし、進捗状況の記録を録るには定点観測が基本てある事は言うを待たない。
幸いと言うか不幸にもと言うか、一年前、ウチは福島県いわき市は塩屋埼を訪れている。

ひばりさん縁の地、塩谷埼で思う。

ノーマルタイヤで北国をどこまで行けるか? などというくだらない企画に巻き込まれ、いわき市を訪れてから早くも一年。歳を重なると一年が早い。スタッドレスもチェーンの用意もなく、磐越道を走るあの恐怖から一年経ったのかと改めて思う。隣でハンドルを握っていたアイツは生きているかどうか不明だ。こちらは実家以外の連絡先を知らず、たまにソイツから携帯電話に着信があっても登録する気もないので、その電話に出られなければ折り返しする事もない。最近は何かと物騒なので、見知らぬ電話番号には出ないようにしているから、キャツと連絡が取れないのも仕方がない事なのだが、困っているわけでもないし、下手に電話に出ると何かと面倒なので、アヤツの記憶からウチの記憶が完全に消え去るのを日を待つ日々である。

さて、一年前の塩谷の埼は横殴りの雨・風で、土産物屋もシャッターを降ろしており、もちろん観光客の姿はない。
天気のせいであったのかどかは分からないが、一年経過し、現地がどのような状況であるのか。観光客は戻ってきているのか。見てきました。その模様をお伝えします。

茨城県守谷市から福島県いわき市を目指す場合、常磐道谷和原I.Cから高速道路に乗り、北へ向かってひたすら車を走らせるのが最も時間を短縮出来る手段であるが、金をケチったウチは、土浦北I.Cまで下道を走る。この地域はかつて配送で走っていた事もあり、道は熟知している積りだが、何年かぶりに走ると知らない店が出来ていたり、知っている店が閉店していたりと、あっという間の時の流れを感じながら、車を走らせ、土浦北から常磐道に乗る。

朝食は友部SA。

SAの食事なんてたいした事はないと言えたのは数年前まで。最近ではなかなか美味いものを食わせてくれるようになりました。

画像


いただきます!

画像


空腹に沁みます。・・・美味い!!

北へ北へを目指す。
常磐道、いわき中央ICを降りて、国道49号線をいわき市内を目指して走り、常磐バイパスから県道241号、県道15号と乗り継ぎ、薄磯海岸を経由して塩屋埼に到着。

画像


この日は天気が良かったせいか、お土産屋さんは営業しており、一年前、まったく人の姿がなかった塩屋埼には、チラホラと観光客の姿を見ることが出来ました。

そうは言っても、まだ灯台に登る事は出来ません。
豊間中に積まれた瓦礫は減ったように見えましたが、薄磯海岸沿いの状況は一年前とたいして変わらないように思います。

画像


ここはかつて人々の生活があった場所。夏になれば大勢の海水浴客で賑わった場所です。耳を澄ませば聞こえてくる往時の足音。人それぞれの想いが行き交う場所。こうした場所にカメラを向けるのは心が痛みます。

画像


画像


多くの人の命を飲み込み生活を奪ったあの日の大津波。しかし何故でしょう。海を恨む気にはなれません。直接被害にあっていないからなのかもしれませんが、この国の海や山や気候といった自然は、時に人々に対して牙をむきますがしかし、豊な恵みも与えてくれます。先祖代々、何千年も日本人は自然と寄り添いながら生きてきました。自然は敵対する相手ではない、日本人の根底にはこうした考えが脈々と受け継がれている思います。だから、あれだけの被害をもたらした海を憎めないのだと思います。

画像


ついしんみりしてしまいました。
この風景を悲しみを、深く胸に刻みながらも、しかし。折角の旅です。楽しまなければいけませんよね!
塩屋埼から薄磯海岸を動画撮影しながら、少しだけ北上。



舞子ビーチから程近くにある、かんぽの宿いわき、で日帰り温泉にはいってきました。

画像


日曜日なのに男湯の入浴客はウチ一人。しばらくの間、貸し切り状態だったので、女湯と間違えたのかとちょっとドキドキしたりして。しばらくしたら、地元、四ツ倉のお爺さんがはいってきまして、他愛もない世間話などをしました。

お風呂あがりは珈琲牛乳・・・がなかったのでカフェオレ。

画像


四ツ倉まで足を伸ばしたいところですが、明日も朝早くから仕事。そろそろ帰らなくてはいけません。

海を見ていたらお魚が食べたくなったので県道15号線を南下して小名浜漁港を目指します。
県道66号線とぶつかる、セブンイレブンのある交差点を左に折れて、トンネルを抜けた先に食堂があったのでそこに入ってみました。

画像


お邪魔したお店はみなと食堂さん。
定食ものが多く迷いましたが、海鮮丼、1800円を頼みました。
さすがにビールを頼むわけにはいかず、ノンアルコールビールでチビチビやりながら待ちます。

画像


お店のお客さん、後から入ってくるお客さんはウチと同じように、観光客が多いかなぁという印象を受けました。

さて、やってきました海鮮丼。

画像


フライ・小鉢・香のもの・汁ものがついています。

そして。メインの海鮮丼をドンとアップで・・・。丼だけにドン引きですか?

画像


いただきます!いきなりカニを食べてしまおう(*'ω'*)

画像


ちょっと少ないかな?と思ったらご飯たっぷりでお腹いっぱいになりました。お魚も新鮮で美味しゅうございました。

このお店も津波の被害に遭いましたが、2011年5月14日に営業を再開。元気に営業中でした。

ここからすぐ近くのアクアマリンふくしまにも立ち寄りたかったのですが、時計の針は15時近くを指しており、次の機会に訪れる事にして勿来ICから常磐自動車道に乗り帰路につきました。


被災地を応援するのに、ウチが出来る事と言えばたまにこうしてふらりと旅をする事。これくらいの事しか出来ませんが、今後も出来る事で被災地を応援していきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
その節は、ご迷惑をお掛けしました。
しかし、残念ながら血が繋がっている以上
簡単には記憶を消し去ることは出来ません。
記憶を消し去りたいなら息の根をとめるしかないですかね。
ボチボチ元気にやっとります。
かぢや
2013/04/20 23:19
(´゚д゚`)

生きてたよ・・・短けぇ夢だったな・・・(´Д`)

所詮、血塗られた道か。

憎しみにかられて何をするかわからない。もう誰も殺したくないのに・・・。

さて、こちらは相変わらず馬車馬のように働く日々です。

働きすぎて手も荒れ放題ですが、わしらの姫様はこの手を好きだと言うてくださる。
働き者のきれーな手だと言うてくだされるわい。

さて、ここでクエスチョン。
コメントの中にあるアニメのセリフがいくつかはいっています。それは一体なんでしょう?
リリーさん(゚д゚)!
2013/04/24 20:25
ふー。やれやれだぜ。

アニメの台詞ね…

『生きてたよ。短ぇ夢だったな。
所詮、他塗られた道か。
憎しみにかられて何をするかわからない。
もう誰も殺したくないのに。
わしらの姫様はこの手を好きだと言うてくださる。
働き者のきれーな手だと言うてくださるわい。』

の部分ですかね?

作品名は『風の谷のナウシカ』

でわでわ、また来年(^ω^)
かぢや
2013/04/28 12:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
塩屋埼再訪。 櫻華改方長官乃憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる